malika project 2010年12月
NEW!!
YOGA
AYURVEDA
INFOMATION
ブログお引っ越ししました。こちらをご覧下さい。
http://ameblo.jp/malikaproject
メールマガジン始めました!!
登録はこちらから↓
メールアドレス

malikaオーガニックコットンヨガウェア好評発売中!!
http://cart05.lolipop.jp/LA04777047/

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月27日 (16:56)

アーユルヴェーダws「自分の中の風と空のエネルギーを感じてみよう」開催!

アーユルヴェーダws「自分の中の風と空のエネルギーを感じてみよう」開催!


あさって、12月29日アーユルヴェーダのワークショップを原宿のshukla yogaで開催します。
風と空のエネルギー(ヴァータ)を具体的に説明していく中で、皆さん自らがそのエネルギーを感じてみます。
そしてより良いエネルギーとしていくアドバイスを致します。
アーユルヴェーダをご存知でない方も気軽に受けられるワークショップになっています。
アーユルヴェーダってそういうことなんだとわかりやすいwsです。
冷え性や不眠の原因ってここにあったんだ!こうすればいいんだ!と、
たくさんの気づきと光に満ちあふれたwsです。
ご参加お待ちしております♪


12月29日(水)14:00~15:30
3000円
■住所
東京都渋谷区神宮前4-28-25 2F
■お問い合わせ
shuklayoga@gmail.com
http://www.shuklayoga.jp/topics/20101223.html



lei for the people, nature & the earth!!
malika project



スポンサーサイト

2010年12月22日 (10:25)

冬至のキャンドルヨガ今日やります♪@原宿

冬至のキャンドルヨガ今日やります♪@原宿


今日は冬至。
冬至とはとてもスペシャルな日。
古代では冬至は一年の始まり。
新しい年にむけて動き出す日。

古い太陽が一度死んでよみがえる日ともされています。

そんな特別な日。

ラッキーなことに今日の夜わたしのレギュラークラスがshukla yogaであります。
キャンドルの灯りの中で、やさしくふかい瞑想的なヨガを行ないます。

満月で気づき感謝し、不必要なものを手放し、リセットし、
あらためて、冬至のこの日、自分の奥の輝きを感じ
新しい年をむかえる準備を共にみなさんとできたらうれしいです♪
お待ちしてま~す!!


19:00~20:15

1500円(初回の方)

東京都渋谷区神宮前4-28-25 2F
shuklayoga@gmail.com
http://www.shuklayoga.jp/



2010年12月20日 (07:57)

とってもわかりやすいアーユルヴェーダのwsやります@原宿shukla yoga

とってもわかりやすいアーユルヴェーダのwsやります@原宿shukla yoga


裏原宿に今月オープンしたシュクラヨガで行なうアーユルヴェーダの講座のお知らせです。

冬を快適に過ごせるようになります。
また自分の中にある風と空のエネルギーをみることができます。
そのことによって、どのような生活をしていったらより快適により自分らしく幸せで有意義な人生がおくれるかがわかってきます。
3回シリーズの一回目。
とっても分かりやすいので、アーユルヴェーダまったくの初心者の方にもたいへんおすすめです。




Momoyoの今すぐ役立つアーユルヴェーダ
~体を支える3つのエネルギーを身近に感じてみよう!Vol.1~

ヨガと密接な関係のアーユルヴェーダを、わかりやすく解説する入門講座。
全3回シリーズの1回目は、『ヴァータの季節の過ごし方』です。

個々の体調や季節、環境などに合わせ、
具体的に日常ですぐに実践できるアーユルヴェーダのアプローチを
人気の講師・山口ももよがお伝えしていきます。

講座の前半では食事や生活法、
後半ではアーサナや呼吸法を実際おこないます。
1月は「カパ」、2月は「ピッタ」を取り上げます。

【日時】2010年12月29日(水)14:00~15:30
【参加費】3,000円
【場所】shukla yoga @原宿 http://www.shuklayoga.jp/
【講師】山口ももよ

ご参加希望の方はshuklayoga@gmail.comまで、
参加者のお名前、人数、お電話番号をメールください。
※参加費のご入金は、当日とさせていただきます。
※基本的にキャンセルはお受けできません。
※定員数になった場合、予約がお受けできない場合がございます。




【山口ももよ プロフィール】
malika project<http://malika-project.com/>ディレクター
ヨガインストラクター、アーユルヴェーダセラピスト、
アーユルヴェーダライフスタイルカウンセラー・ヘルスコーディネーター、
レイキサードディグリー取得
malika projectブログ<http://malikaproject.blog45.fc2.com/

未熟児で生まれ、虚弱体質の幼少時代を過ごし、
ビデオを見ながら家でヨガを始め、気持ちよさを味わう。
30代。オリジナルのファッション小物ブランドを手がけていたとき、
思いがけなくアーユルヴェーダに出会い、ヨガ道を深めていく事に。
現在はヨガウェア「malika project」のディレクターとして、
ヨガインストラクター、アーユルヴェーダ講師として活躍中。
2010年に病の経験を通して、ヨガとアーユルヴェーダの
叡知の素晴らしさを改めて実感。
その叡知を伝えることに更なる喜びを感じている。



2010年12月13日 (17:43)

賢者には全世界が師匠である

賢者には全世界が師匠である



昨日12月12日、昨年8月8日から始まったアーユルヴェーダスクール3年の修了式だった。
その時先生がくださった言葉

「賢者には全世界が師匠である」

こころに響いた。

アーユルヴェーダは医学としてインドでは西洋の病院と同じ数ほどの病院が存在する。
そこで病の治療をおこなっている。
そんなアーユルヴェーダ界で現存する最古の古典チャラカサンヒター第三巻に載っているおしえ。
チャラカだけは心のこと精神のこと、ヨガのことも書かれている。
人間の体が肉体だけでなく心と魂でできていることをしっかりと書いている。


ラッキーな私は今日のお昼 この言葉をくださった恩師とランチをした。
南インド料理 おいしかった♪


この言葉にとても感動したとお話ししたら、
この言葉には続きがあって
「愚か者には全世界が敵である」
があとに続くとおっしゃっていた。


なるほどなるほど。


ふと思った。

私は今年病を患ったが、アーユルヴェーダのおかげで一歩一歩着実に前に歩いていけました。と修了式であいさつした。本当にアーユルヴェーダのおかげだったが、その根本にはこの言葉があったのだと思う。

全世界が師匠

病は敵でなく気づきを与えてくれる師匠。

賢者とは自分の内側の叡智に目覚めそれを信じ自分を信じている人のことか。

わたしは賢者とはほど遠いいが、我が恩師は賢者である。
そして、私の周りにはたくさんの賢者がいる。
ありがたい。
おかげでたくさんの気づきをえられた。

こころからのアーユルヴェーダ
魂からのアーユルヴェーダを熱心に愛を持っておしえてえくださった先生
ありがとうございます。

そしてこのように日本において、アーユルヴェーダの神髄~究極の生きる叡智~を
学べる環境をととのえてくださった幡井先生をはじめたくさんの熱心な先生方 
この脈々と受け継がれているすべてのつながりに ダンワンタリ神に
感謝です。


12月12日12時 父の法要と納骨がおこなわれた。
そしてその後 3年生の修了式 昨日は何かとても特別な日だった。


それは朝届いた月からのメッセージでも明らかになった。
今日から新たな 新たな月がはじまった。
律動の月

平等 組織する つり合わせる

人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、
平等であること。それが、宇宙の構造。
そんな平等を広げる。

宇宙的な視野から、「平等」とは? 考えたことがありますか?
人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、
すべての生命が、同じ宇宙の「律動」から生まれ、
今も、その宇宙のリズムに合わせて生きていることを感じた時に、
宇宙的な「平等」という意味を実感するでしょう。

律動の月には、28日のリズム、13のリズム、20のリズム、1日のリズム、
呼吸のリズム、風のリズム、月のリズム、波のリズム、
魂が呼応する音楽のリズム、心のリズム、すべてのリズムの中に、
宇宙の律動を感じる。そんな28日間を過ごしてみよう。

宇宙のリズムは、星のかけらでさえ、平等であることを感じさせてくれる。




全世界 すべての存在は師匠なのですね。
あらゆるすべてに敬意をはらい愛を持って接して行きます。
また今日からこころを新たに。
そして頂いた深淵な叡智を愛を多くの人たちにお伝えして行きます。

あ り が とう☆



lei for the people, nature & the earth!!
malika project









カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年12月13日 (17:43)

賢者には全世界が師匠である

賢者には全世界が師匠である



昨日12月12日、昨年8月8日から始まったアーユルヴェーダスクール3年の修了式だった。
その時先生がくださった言葉

「賢者には全世界が師匠である」

こころに響いた。

アーユルヴェーダは医学としてインドでは西洋の病院と同じ数ほどの病院が存在する。
そこで病の治療をおこなっている。
そんなアーユルヴェーダ界で現存する最古の古典チャラカサンヒター第三巻に載っているおしえ。
チャラカだけは心のこと精神のこと、ヨガのことも書かれている。
人間の体が肉体だけでなく心と魂でできていることをしっかりと書いている。


ラッキーな私は今日のお昼 この言葉をくださった恩師とランチをした。
南インド料理 おいしかった♪


この言葉にとても感動したとお話ししたら、
この言葉には続きがあって
「愚か者には全世界が敵である」
があとに続くとおっしゃっていた。


なるほどなるほど。


ふと思った。

私は今年病を患ったが、アーユルヴェーダのおかげで一歩一歩着実に前に歩いていけました。と修了式であいさつした。本当にアーユルヴェーダのおかげだったが、その根本にはこの言葉があったのだと思う。

全世界が師匠

病は敵でなく気づきを与えてくれる師匠。

賢者とは自分の内側の叡智に目覚めそれを信じ自分を信じている人のことか。

わたしは賢者とはほど遠いいが、我が恩師は賢者である。
そして、私の周りにはたくさんの賢者がいる。
ありがたい。
おかげでたくさんの気づきをえられた。

こころからのアーユルヴェーダ
魂からのアーユルヴェーダを熱心に愛を持っておしえてえくださった先生
ありがとうございます。

そしてこのように日本において、アーユルヴェーダの神髄~究極の生きる叡智~を
学べる環境をととのえてくださった幡井先生をはじめたくさんの熱心な先生方 
この脈々と受け継がれているすべてのつながりに ダンワンタリ神に
感謝です。


12月12日12時 父の法要と納骨がおこなわれた。
そしてその後 3年生の修了式 昨日は何かとても特別な日だった。


それは朝届いた月からのメッセージでも明らかになった。
今日から新たな 新たな月がはじまった。
律動の月

平等 組織する つり合わせる

人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、
平等であること。それが、宇宙の構造。
そんな平等を広げる。

宇宙的な視野から、「平等」とは? 考えたことがありますか?
人と、植物と、動物と、微生物にいたるまで、
すべての生命が、同じ宇宙の「律動」から生まれ、
今も、その宇宙のリズムに合わせて生きていることを感じた時に、
宇宙的な「平等」という意味を実感するでしょう。

律動の月には、28日のリズム、13のリズム、20のリズム、1日のリズム、
呼吸のリズム、風のリズム、月のリズム、波のリズム、
魂が呼応する音楽のリズム、心のリズム、すべてのリズムの中に、
宇宙の律動を感じる。そんな28日間を過ごしてみよう。

宇宙のリズムは、星のかけらでさえ、平等であることを感じさせてくれる。




全世界 すべての存在は師匠なのですね。
あらゆるすべてに敬意をはらい愛を持って接して行きます。
また今日からこころを新たに。
そして頂いた深淵な叡智を愛を多くの人たちにお伝えして行きます。

あ り が とう☆



lei for the people, nature & the earth!!
malika project









カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年12月08日 (18:08)

きいろいひかり

きいろいひかり


日曜日 父の本葬がおこなわれた。

会場に入ったら、たくさんの人がすでにいらしていた。
みなさん正面にある父の写真の方を見ていた。
私は親族席、祭壇横に座り、横からみなさんのエネルギーを感じた。
いろんな感情が込み上げてきて、始まる前から涙が止まらなかった。


私は父の病を知り、家族と共に父の死を見届けお通夜告別式をして、49日間いろんな感情を感じながら
本葬の日を迎えた。

ここに今座っている多くの人は、2週間前に新聞やお手紙で知った人ばかりだったと思う。
みなさんの悲しみを感じながら、父のにこやかな写真を見ながら
こんなにもたくさんの方々に慕われていた人のこどもなんだとしみじみ思い、そして父からどんだけ愛されていたかを感じ、父の子供として生まれ育ててもらい、そしてこの人の病を知り共に歩めてきたことがありがたく、そしたら涙が止まらなくなった。


本葬の前日家に帰ったら、祭壇にかわいいサルのあみぐるみが飾ってあった。
患者さんが下さったらしい。そして横にはその患者さんからのお手紙が。
読ませて頂いた。
10年父が診ていた患者さんだった。文面の中に「わたしのことをお父さんだと思っていいから」とか「診察中もご家族の話をされていました」とか父がどのように患者さんと接してきてたか、医師としての父の姿が知れたお手紙だった。
忙しくここずっと週一日の診察だった父。私は娘だったので父の診察を受けた事がなかったし父を医者として見た事がなかったから、このお手紙を拝見できてありがたかった。
医師としても真剣にそしてやさしくあった父。

もっともっと尊敬の気持ちを持っていたかったな。そしてその気持ちをこころから伝えたかったなと思った。


弔辞を賜わり、千人を超えるたくさんの方にご焼香をして頂き 滞り無く式は終わった。

その日はとっても晴れていて、弟は挨拶から「お寒い中」を抜かした程気候もおだやかな気持ちの良い12月初旬。
帰りの車の中から陽の光がまぶしく輝いていた。
その光はきいろいひかり、喜びの色をしていた。
真っ正面から降り注ぐそのきいろいひかりを感じながら、父はたくさんの人たちと今日お会いできあいさつができうれしかったのだと感じた。そして立派に挨拶した息子の姿に安心し、何も迷うことなくお空へと旅立ったのだと思う。
きいろいひかりがだんだんと赤くなり空が染まる頃、夕陽の隣には大きな富士山がくっきりと美しい姿をあらわした。
家に着くまでずっとずっと富士山が見守ってくれていた。
こんなにもくっきりと美しい富士山をずっと見れることなんてはじめてだった。
ここは埼玉県川越市。
山梨でも静岡でもないのにね。

とてもきれいな景色だった。
数年前から油絵を書いていた父。
夕陽や朝陽に照らされた山の絵などを書いていた。
まさにそんなひかりがふりそそいでいた。
そして富士山。


父は喜びの中 お空に帰って行った。
こころからそう思えた。
きいろいひかりと富士山がおしえてくれた。

太陽と富士山
ありがとう。



ご参列してくださったみなさま、メールやお手紙をくださったみなさま ありがとうございました。
またご連絡が行き届かなかったみなさま、ごめんなさい。
この場を借りてご挨拶させていただきます。




lei for the people, nature & the earth!!
malika project











カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年12月02日 (09:53)

ずっとかがやきつづけるもの

ずっとかがやきつづけるもの



昨日からピンクリボンリレーブログにて私の記事が掲載されています。
一ヶ月間の掲載です。

題名「ずっとかがやきつづけるもの」

3月9日に手術をしてから8ヶ月が経とうとしています。
その間さまざまなことがありました。
振り返り改めて病によって感じたことなど書いています。
ご覧下さい♪

http://pinkribbon-relayblog.okkaran.lolipop.jp/


lei for the people, nature & the earth!!
malika project







カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)
プロフィール

momoyo

Author:momoyo
malikaとは
サンスクリット語で花輪
ハワイの言葉で言うleiのこと
衣食住のあらゆる角度から 
地球や太陽 大地や海 木々や草花
そして人々の心にleiをかけていきたい
このようなコンセプトで立ち上がりました
身体にやさしいオーガニックコットンのヨガウエアを始め ヨガやアーユルヴェーダのレッスンを通じて温かなつながりを作っていけたらと思っています
lei for the people, nature and the earth!!

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップのご依頼や、その他ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
mimmo00mimmo☆yahoo.co.jp(☆を@にして下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

Appendix


下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。