malika project 2010年10月
NEW!!
YOGA
AYURVEDA
INFOMATION
ブログお引っ越ししました。こちらをご覧下さい。
http://ameblo.jp/malikaproject
メールマガジン始めました!!
登録はこちらから↓
メールアドレス

malikaオーガニックコットンヨガウェア好評発売中!!
http://cart05.lolipop.jp/LA04777047/

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月30日 (21:37)

天使のデザート♪

天使のデザート


昨日 事務所行ったらつくえの上にお届けものがあって、あけたら素敵な贈り物が入っていました~!

その名も 『天使のデザート』っていうハーブティ。
かわいいでしょ!

P2010_1029_213032.jpg

天使がね喜びそうなフレイバー。
やわらかな甘味と酸味とリラックスな香りとね。
のむとふわっとやさしいきもちになる。
今日も今からのみます♪


わたしはしあわせものです。
み~んながやさしくつつんでくれる。
もうひかりしかないってほんとにおもった。

おおきなひかりのみちがとおってる。

ともこちゃん ありがとう♪


きらきら


lei for the people, nature & the earth!!
malika project


スポンサーサイト
カテゴリ : diary記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

2010年10月26日 (19:30)

yoga diary のアーユルヴェーダ

yoga diary のアーユルヴェーダ


2011年の yoga diary のアーユルヴェーダの監修をさせて頂きました。
今回は、24節季に合わせてその時期、時期に合わせたアーユルヴェーダの一言アドバイスを載せています。

アーユルヴェーダはインド発祥ですが、生きる叡智としてその土地土地の環境に合わせたアドバイスが出来ます。
なので日本で昔から用いられている24節に合ったアーユルヴェーダは私たち日本人にとって親しみ深くなると思います。

その他、ギーの作り方などアーユルヴェーダの基本的なことや月の満ち欠け、各国のヨガ事情など興味深い情報も載っています。

今年のしおりは金色です。

文庫本サイズで持ち運びもいい感じだし、とても使いやすいです。

P2010_1026_193842.jpg


詳細→ http://www.yoga-diary.com/


個人的に、わたしがアーユルを通してお伝えしたい究極なことが年末の一行に載っています。それが何よりうれしです。
少しでもみなさんがアーユルヴェーダを身近に感じて、日々をより健やかに笑顔ですごせたらいいなと思っています♪



lei for the people, nature & the earth!!
malika project


カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年10月25日 (07:31)

声の力

声の力


昨日 自らの声で自らを癒し統合していくヴォイスヒーリング初日。
いや~、気持ちよかった♪

シタールや人の声によっていっぱい癒してもらってきたから、音の持つ癒しの精妙な力の恩恵をいっぱい浴びてきた。
その音を自ら発し、自らを癒す。


自分で自分のこころとからだをもっと管理できるようになりたいな。

それが、私がヨガを本格的に始めたきっかけ。
それまで中医学系の癒しに通っていてそれによって身体がかなり改善された。
だけど週一回はそこに行かないといけない雰囲気。
その時はすでにアーユルのお勉強してたから、人間本来備わっている力の存在になんとなく気づいていた。
そしてすばらしいヨガの先生に出会い。
先生のヨガは一時間半ヨガすると、マッサージを受けた後みたいな気分になる。
まさに、ヨガしながら自分で自分をマッサージ。
自らの身体を動かしながら、身体だけでなく心までととのえていく。


昨日からはじまったヴォイスヒーリングは、ヨガの音ヴァージョン。
まさに、自分の声で自分の身体とこころを統合していく。
特に一つ一つのチャクラへの声出しはすごかった。
自らの身体を使って出された声で癒されるから、癒されながら気もすっごく循環されるから生命力も湧いてくる。

このあとのごはんがほんっとおいしいの。
って先生言ってたけど、ほんっとにおいしかった。

ここ一ヶ月、エネルギーもっと活性化したいなって思ってたから、まさにまさになギフトでした。
ほんっとにうれしい。
しかもラクシュミの生誕満月の直後にはじまったレッスン。
何かが変化している。
この流れに感謝です。

ありがとう。

ヨガのレッスンやアーユルのアドバイスにも入れていこうと思います。


無事にニケタンの卒論も終わり金曜に卒業!
わ~い。
土曜日は第二の家族のように仲良くしてもらっている大好きなみづえちゃん家族み~んなに会えて、しあわせ!
しかも全員と東京で。
そして昨日は雑誌の取材をして頂いて、いっぱいいっぱいアーユルのお話をさせてもらった。
それもとってもうれしくって。
しあわせ。

雑誌は来月発売なのかな。
またお知らせします。

今週は、ハイファイの練習三昧になりそう。
久々いっぱいヨガできてうれしい。

そして今日はお父さんと甥っ子のお誕生日。
みんなあつまってお祝いです。
楽しみ!

ハッピーな一日を



lei for the people, nature & the earth!!
malika project




カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年10月19日 (09:16)

そう言えばマイケルも

そう言えばマイケルも

たくさんのメールや電話を頂いてます。
ありがとうございます。
そんな中、ブログアップして真っ先に届いた友達のメール

人の世界で優秀だった魂は、神様の側近になるんだよ、人の世界はよい魂を磨く為の修行だからって。いい人が早くになくなってしまうのは人の世界で修行が終わったから、神様が「もうこっちは卒業、こっちにきて私の仕事手伝って」って呼ばれてるんだよって。うちのお母さんが言ってたのを思い出しました。

お父様はこれからもももよちゃん家族や、たくさんの人の心に残って色々な事を学ばせてくれる神様になったんだね。

すがすがしい秋空の朝、日常に戻りながら歩いた道で
このメールを読んだ。
とってもうれしかった。
わたしもそう思ってたから、なにかとてもすがすがしい気持ちになった。
しほちゃん ありがとう♪

そう言えば、ここ数年お空へ旅立った人たち、マイケルジャクソンとか。
み~んな一足先に神様のところへ戻って、これから私たちがずっと待ち望んでいたおっきなプロジェクトのため、上から見守っているんだなと思った。
マイケルが亡くなってから、彼が発信しつづけてきたメッセージを再認識したり、多くの人たちが闇ではなく光に目を向けるようになったもんね。

私は父が亡くなってから、父がどれだけグランディングしてた人かに気づいた。
グラウディング、自分の中心に常にいることがちょっと苦手だった私。
こんなにもグラウディングしていた父の子。
グラウディンしないわけがないと思い、かなりな集中力の中卒論やってます。
ありがとう、お父さん♪


そうして、しほちゃん もう一つ とっても素敵な言葉をくれた。

美味しいご飯食べに行こうね。
魂はガチマヤー(沖縄の方言で食いしん坊って意味)だから。
身体にも魂にも栄養補給しにいこうね。

って。

最近 bon vivant 復活した私。
とってもうれしいメッセージでした♪
魂って食いしん坊と一緒の意味なんだ。
すごいすごい。
そう思うと、人生って楽しいね!

重陽の日、この間の土曜日、ゆうどっていう水の神様がいらっしゃる空間で、土佐のお食事を頂いた。
菊酒から始まり、とれたての生の土佐かつおのたたきや土佐の食物たち。
畳で知ってる人も知らない人も混じってみんなでテーブルを囲んで。
楽しくしあわせなひとときでした。
こころもからだもよろこぶ食事。

こんなことができる空間、私もつくります♪
みんな楽しみにしててね♡





lei for the peolpe, nature & the earth!!
malika project







カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年10月17日 (21:35)

たくさんの

たくさんの

メールやお電話をいただきました。
みんなの愛に包まれているわたしはしあわせものです。
みんなどうもありがとう。

週末はアーユルの学校でばたばたとしていて お返事できずでごめんなさい。
また今週はヨガの学校の卒論提出(まだなんにもやってない)や諸々あります。

この場をかりて みんなに ありがとう言わせてもらいます。
ゆっくり返信できたらと思っています。



ここ最近、連続でひいてるカードのメッセージ

surrender
ありのままを認める

人生には様々なことが起こります。
どうしようもなく悲しいこと、避けてとおりたいくらい辛いこと、なんのために生きているのかわからなくなるくらい絶望的になることは誰にでもあります。
多くの人が悲しみを押し込めてガマンしてしまいますが、悲しみを感じることは悪いことではありません。
悲しみを押し込めると、それはいつまでも身体の一部にくっついています。
そして死ぬまで悲しい思い出と一緒にいることになります。
それはいやだと思う方は悲しい時「私は悲しい」と認め、「悲しみを終わらせたい」と願うことです。
悲しい感情は感情体験の一種であり、あなたの本質ではありません。
怒りも悲しみも一時的なものであり、あなたの本質は変わることなくすばらしもの。

目には見えませんが、体内の細胞は日々生まれ変わっています。私たちの身体は常に変化し続けているのです。
同じように、私たちのきもちも常に新しいスタートを切ることができます。
人生で思いどおりに行かないことが起こった時こそ自分をみつめなおすチャンスです。
辛かったり、苦しかったりすることに向き合うことを通して私たちは人間として深みを増し、人の痛みがわかるようになり、自分が人に何を与えられるのが知るのです。



感情を素直に感じることはね、すっかり得意になってきたので みなさん心配しないでくださいね。
これを機に 奥の奥にひそんでる悲しみをぜ~んぶ出します。

また母のことまで心配して下さりありがとうございます。
ありがたいことに私は4人兄弟。
かわいい孫も3人もいるし、ばぶちんもいるし、ご安心ください♪




敬意と感謝と愛をこめて。


lei for the people, nature & the earth!!
malika project










カテゴリ : diary記事のURL コメント (1) トラックバック (0)

2010年10月16日 (08:12)

魂の輝き

魂の輝き

生も死も、ただ心から起こるのであるから、迷いの生死にかかわる心が滅びると、迷いの生死は尽きる。ーゴータマブッダ

って、最近のテーマっていうか今までずっと生と死を超越することがテーマでした。
死に対する恐怖感がとってもあって。
私のおそれは、この死に対する恐怖感がなくなればなくなると思っていた。
だけどこれはなかなかむずかしかった。
ヨガやアーユルで人間の構造を奥の奥から学んでいるけど、どうしても肉体に対する執着からのがれられないでいた。


先日 父が亡くなった。
半年前にガンが発覚して、今なら口に出しても言えるが、末期ガンだった。
12月ぐらいまでと言われながらも、私はすっと生きていってくれることを願っていたから、12月というリミットを認めていなかった。
だけど亡くなる一週間前ぐらいから電話の声が変わっていった。
これからは極力家に帰り父のそばにいようと思っていた。
malikaの八分丈パンツの生地すごく気持ちいいからそれでパジャマを作って、お誕生日にプレゼントしようと計画してもいた。

お誕生日を2週間後にひかえた先週末。
用事が済んだらお見舞いにいこうって考えてたら兄弟からの電話で、これはすぐに行くべきだって思った。
最短の方法で。電車の中ではずっと祈った。一時間強。
あせっても無駄だし、ただただ祈った。

苦しそうに息をしながら、ベットに横たわっていた。
私が来たのはわかったみたい。目が動いた。
間に合った。
今でも間に合って本当に良かったって思う。
父の声を聞く事はできなかったけど、魂で会話はできたと思う。
祈りが届いた。
父はがんばってくれた。
最期のの最期まで、私の願いを120%きいてくれた。
ありがとう。


人が死ぬ瞬間の場にいたのははじめてだった。
しかも父の死。

悲しくって悲しくって声に出し、人生でいっちばんの大泣きをした一日が過ぎ、徐々に死を受け入れられるようになった。
それと同時に父の存在すべてを愛すことができた。
いままでも大好きだったけど、どこかで評価もしていた。
受け入れられない部分もあった。

肉体から魂が離れていって、純粋に魂が見れた。
どんだけ自分と父の執着(エゴ)がそこにあったかがわかった。

肉体は神様から借り物。
その意味がよ~くわかった。

父は自分の死をもって、わたしの死への恐怖心をとりさってくれた。
死んだ翌日は2010年10月10日岩戸開きの日。
朝起きて見にいったら、すがすがしいきれいな顔をしていた。
なににもとらわれていない肉体が横たわっていた。
あ、もう魂はないなって思った。
すーっとすっかり気持ち良く、父は岩戸開きの日に天にお帰りになった。
さすがだなって思った。

肉体レベルでは何もそんなこと考えてなかったんだと思うけど、父の魂レベルでは決めていたんだと思う。
秋。
父の一番大好きな季節。
寒くもなく暑くもなく気持ちの良い、必ず晴れになる日。
やってくれた。
やっぱりかっこいい。
って素直に言えるのも、今だから。

命は長い短いではないと思う。
どれだけ魂を輝かせたか なんだと思う。
五感で感じられる肉体はなくなっても、魂は永遠に存在する。
こころの奥の奥にだれもが持っている水晶のように透明な輝き。
そこにどれだけ共鳴するか なんだと思う。

父は200%生きてきた。
いつもいつも何事にも一生懸命だった。
一瞬一瞬の集中力は半端なかったんだと思う。
埼玉アマで2年連続優勝したのは石川遼くんと父しかいない。
そのぐらいゴルフにもたけていた。
ありがたいことに、この生命で与えられた自分の仕事でも2年前に藍綬褒章をいただいた。
そして、こどもを4人育て、いつもいつも200%全力でサポートしてくれていた。
最期の最期まで、自分が死んだあとも家族が苦労しないで生きていくことを考えてくれていた。


そんな父の魂はまばゆくばかりに輝いている。
そしてその輝きは私の魂を輝かせてくれている。

そしてその輝きは私たちを見守ってくれている。


死は肉体を神様にお返しすることでもある。

昨日荼毘にふせられた父の肉体に、今まで父を思う存分動かしてくれて感じさせてくれてありがとうございましたって、悔いのない人生だったと思いますと、骨を目の前にして私は心の中で感謝した。
そうして、父のこの肉体があったからこそ、今ここに存在できている私の肉体をあらためて感じた。
父の肉体があったからこそこの世に誕生できたわたしの肉体。

この肉体にお世話になっている間、この肉体に感謝し、精一杯魂を輝かせていこうって誓った。
一瞬一瞬を、精一杯 丁寧に 集中して感謝して 生きていこうって誓った。

お父さん ありがとう。
前よりももっともっとお父さんを身近に感じられるようになったことがとってもしあわせです。
これからもよろしくね。


この場をかりて。
葬儀は密葬でとりおこなわれたため、みなさまへのご報告が遅くなり大変申し訳ございません。
49日を過ぎたあたりに本葬をとりおこないます。
またご案内させていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。





lei for the people, nature & the earth!!
malika project





カテゴリ : diary記事のURL コメント (3) トラックバック (0)

2010年10月08日 (08:06)

おいしいもの♪

おいしいもの♪


P2010_1007_132320.jpg

そんなこんなで 昨日は気分よかったから 妹誘って ずっと気になってたガレットやさんでランチ。
チキンに見えるけど的鯛とズッキーニのガレット
ランチでシードルとあとさわやかなミュスカデも。
ミントと枝豆のスープと共に。
ガレットがとってもおいしかった。
ローズマリー風味で、ソテー加減が抜群!
チーズなしのガレットでこんなに満足したのはじめて。
しあわせなひとときでした。
ありがとう♪

bon vivant!!



今日もいいお天気だね。
ハッピーな一日を♪


lei for you!!


2010年10月07日 (23:39)

bon vivant!!

bon vivant!!

bon vivantは、フランス語で、よく食べよく飲みよく笑い、生をとことんまで楽しむ人のこと。

この言葉を20歳ぐらいの時に知って、度々仲良しと「bon vivant してる?」って会話していた。
あの頃は、あの頃なりにとってもbon vivant してたけど、すっかり昨日までこの事忘れてた!
っていうか、今日起きた時に思い出したの。

bon vivant

昨日何かがふっと抜けた。
今日の夜中新月だから、浄化だったのかな。

パリに行って、半年で帰るつもりが3年半もいた。
その理由は、フランス人のあのありのままの生き方。喜怒哀楽激しい感じが見てて共に生活していて、楽しかったからだと思う。近隣の国を旅してパリの駅に降りた瞬間、あ~パリだってわかるあの空気感。
ホームのおじさん目にするだけで、くすっと笑える。ありのままなんだもん。
いろんなことあったけど、今ふと思い出すのは、ちっちゃなクラブに行った時。
ばぶも一緒にいったんだけど、飲み物買うのに並んでいたら、ばぶにはただでペットボトルのお水くれた。
動物にやさしいんだよね。
かと思いきや、カフェのおじさん、突然ばぶに怒りだす。冗談なんだけど、一瞬何だ?って思うぐらいへんにちょっかい出してくる。みんなチャーミング。
たのしかったな。
あ、ばぶねたまだある。カフェを通り過ぎようとしたら、ばぶ見るなりバケット食べさせようとするマダム。
何も知らなかった私はばぶちんにかたいバケットくれるマダムに、にっこりmerci!と。
翌日、ばぶちん、下痢して血便だった。
あわてて病院いったの。(ゲイの先生二人でやってるとこ)
何食べさせたの?って聞かれて。
別になにも。う~~~ん。あ、昨日マダムがカフェでばぶちんにバケット食べさせてた。
それだ!!って。
どうやらバケットの外側の硬い所がバブチンのお腹痛くしたみたい。
いろんな事あったけど、芸術の街、食の街。life is art な街。
とことん遊んだ。おいしいものいっぱい食べて飲んで。
よく家でパーティしてた。

あれからもうずいぶん経つけど。
アーユルに出会いヨガに出会い。
すっかりあの感覚忘れてたけど、忘れてても、奥の奥のしあわせ感いっぱい味わえてしあわせに満たされてる気がしてたし、しあわせだった。
けど、昨日何かがふっと抜けて。
あの躍動感あふれる、人間味あふれる感じがよみがえってきた。

あらたな bon vivant が始まった。
生をとことんまで楽しむ。

20代パリ時代とはひと味違う bon vivant。

アーユルとヨガのお陰で、私は 感謝の気持ちが持てるようになった。真のしあわせが自分の中にあることに気づいた。そうしてすべてがつながっていることに気づき、自分一人で生きてるわけじゃないこと、すべてのおかげで生きていることに気づき、いまここにいる。

おそれから解放され、愛に満たされている。

アーユルとヨガに出会い、4年が経つ。
祈ること おしえてもらった。
それはもうしっかりとこころにある。
強い何かとなって、大きなものが私を見守ってくれている。
ありがたい。

そうしていま
真の意味で 生きることをたのしめるようになった。

フランス・インド・地球 
eat・pray・love


これからもみんなよろしくね♪
ありがとう。


lei for the people, nature & the earth!!
malika project






カテゴリ : diary記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年10月06日 (14:07)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ36~40

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ36~40


<ワンポイントアーユルヴェーダ36>早起きがなんでいいか?これも5大元素にとても関係している。朝6時からは水と土のエネルギーの時間どっしりと腰が落ち着く時間。朝6時までは風と空のエネルギーの時間軽やかに動く時間。軽やかな時間帯の方が起きやすいですよね。気持ち良く目覚められます♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ37>たまのお祭りや運動会、サッカー観戦などいわゆるハレの日の翌日はヴァータ(風と空のエネルギー)が上がります。いつもと違う時間を過ごすから。そんな翌日のお食事は、あたたかく適度に油分を含んだもの&穀物。ということはサムゲタンが良さそうですね!甘味も適量とって。にんじんのハルワなんかいいですね。そうして心も落ち着かせます。なんか落ち着かなかったら軽く瞑想や呼吸法、5分ぐらいしてみるといいですね。あとは電車の中は目をつむって内側に目をむけてみたり。


<ワンポイントアーユルヴェーダ38>暑さでバテ気味の方、いらっしゃいませんか?夏は暑いので日常生活をしているだけでも体力使っています。習慣にしている運動もいつもより控えめに。ayvでは運動は自分の体力の半分程度と言われています。ほどほどに致しましょう♪


〈ワンポイントアーユルヴェーダ39〉旬なフルーツの甘さは、無理なく身体の熱を下げます。最近出始めた桃はジューシーでやさしい甘味の中にほんのり渋味があり、熱さを下げます。食欲なく固形物が入りにくい夜、無理にごはんを食べずに、新鮮な旬のフルーツをいただくのはいいですね。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ40〉あるがまま。ayvのトリドーシャ理論のベースにある5大元素。人間も自然も宇宙もすべて5大元素でできている。自然を真似れば自ずと心身共健康に生きられる。自然は何にも抵抗せずそのまま動いています。あるがまま。すべてをただ受け入れる。この暑さしかり。


<ワンポイントアーユルヴェーダ40〉喉風邪流行っていますね。痰や咳はカパ(水と土)が増えたため。甘いものやしょっぱいもの、消化に時間のかかるねばっこいもの油物は控えめに。苦味辛味をとりましょう。ぬるめの白湯にターメリックと塩を少々入れたものでうがいするのもおすすめ。



夏頃つぶやいていたものなので、夏のアーユル対策入ってますね。
今年の夏の過ごし方を振り返ってみました。
40が2つあって。私は暑さで頭ぼーっとしてたのかな。。

そう言えば今年の夏ってとっても暑かったですよね。
すっかり忘れてました。(人間がかみさまから与えられた術のひとつ)

今はこのここちいい秋の気候に身体がよろこんでいますね。

そう言えば、一週間程前この上なく頭が痛くなりました。
夏の間にたまったピッタ(火のエネルギー)がでてきた。
夏の疲れがでてきたようです。
今年の夏は、意識的にのんびり過ごし、あまり熱をためないような生活をこころがけていたんですけどね。
暑かったですものね、たまってたみたい。

気候も過ごしやすくなりました。
今月はからだのこころにきいて、良い睡眠とこころとからだが喜ぶ負担かからず滋養のある食事をいつもよりもこころがけるといいみたいです。
無理せず、自分が思っている以上に身体をいたわりましょう。

実りの秋
自分の内側から喜びが感じられますように。。
楽しい秋を♪


lei for the people, nature & the earth!!
malika project


2010年10月01日 (23:06)

malikaオーガニックヨガウェア展示販売@ゆうど目白

malikaオーガニックヨガウェア展示販売@ゆうど目白

あした

目白の素敵な空間ゆうどを「ベジレストラン 桜さくら」さんとシェアして
malikaのヨガウェア展示販売致します。
 
ゆうどは古民家を再生した居心地のいい空間です。
お料理は予約制ですが、お近くの方お散歩がてら空間を楽しみにいらしてください♪

↓おいしそうなごはんです♪
わたしも食べたいな~。。


  ベジレストラン 桜さくら
1日レストラン開店 のお知らせ

10月2日(土)11時~15時  限定20名様(御予約制)

場所 古民家ギャラリー「ゆうど」 JR 目白駅より徒歩7~8分
          新宿区下落合3-20-21   ℡ 03-5996-6151
  
料金   大人 ¥1,800
    お子様 ¥900


お召し上がり頂くみなさまに、
ちょっと驚きの、野菜の意外な美味しさもご用意して
からだと心がホッと和むお食事とお時間を
ご提供させて頂くことができれば、とても幸せです。

滋味あふれる穀物や野菜、果物。
大地の恵みの豊かな味わいを、

シンと静かな澄んだ空気、



懐かしい匂いのする築80年の古民家で、ぜひご賞味ください。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

menu
   <内容は若干変更する場合があります>
土鍋で炊く7分搗き米
味噌汁
コーフー(小麦グルテン)カツ
白いんげん豆と野菜のトマトソース煮
秋のサラダ
こぼうの梅煮 (丸1日かけてやさしく、コトコトと)
その他 
デザート

桜さくらでは
 砂糖、みりんを使用していません。
 植物性100%、海から昆布、海藻。
 オーガニックの素材、調味料を使用。
 ごま油、菜種油、オリーブオイル3種の新鮮な油を使用。
 からだと地球にやさしい陶磁器を使用しています。

歩み
砂糖を使わないベジタリアンの子育て。
子供の喜ぶ顔を見るのが嬉しくて、遊び心満載で作った食事やおやつ。

ミニコミ誌他、主婦と生活社の「ミセスリビング」に掲載,紹介されました。 
当時はお店で買える物が少なかったため、アレルギーやマクロビオティックの
お子さん達とこの楽しさをわかち合い、喜んで頂きたくて、
ベジレストラン「樹 Itsuki」をスタート。

「よこはま自然育児の会」の方々をはじめ、一般の方々にもご好評を頂き 
お料理会「まあるいごはん」 ・ランチ・ケータリング・自然食品店に商品を
置かせて頂くなどの活動を7年間続けました。 

そしてこの度、名前とともに新たな一歩を始めます。


ありがとうございます
「おいしいよ~!」の笑顔と言葉。
たくさんのお客様に愛され、支えられて、幸せな仕事をさせて頂きました。
心からお礼を申し上げます。
また、新しいご縁と、

大いなる自然に感謝し、

心をこめてつくらせていただきます。


どうぞよろしくお願いいたします。


lei for the people, nature & the earth!!
malika project


プロフィール

momoyo

Author:momoyo
malikaとは
サンスクリット語で花輪
ハワイの言葉で言うleiのこと
衣食住のあらゆる角度から 
地球や太陽 大地や海 木々や草花
そして人々の心にleiをかけていきたい
このようなコンセプトで立ち上がりました
身体にやさしいオーガニックコットンのヨガウエアを始め ヨガやアーユルヴェーダのレッスンを通じて温かなつながりを作っていけたらと思っています
lei for the people, nature and the earth!!

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップのご依頼や、その他ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
mimmo00mimmo☆yahoo.co.jp(☆を@にして下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

Appendix


下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。