malika project アーユルヴェーダ
NEW!!
YOGA
AYURVEDA
INFOMATION
ブログお引っ越ししました。こちらをご覧下さい。
http://ameblo.jp/malikaproject
メールマガジン始めました!!
登録はこちらから↓
メールアドレス

malikaオーガニックコットンヨガウェア好評発売中!!
http://cart05.lolipop.jp/LA04777047/

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月23日 (12:13)

ワンポイントアーユルヴェーダ101~110まとめました。

ワンポイントアーユルヴェーダ101~110まとめました。


<ワンポイントアーユルヴェーダ101>精子は5つの元素の中の水元素でできています。こどもがなかなか授かれないと悩まれている方、健やかなこどもを望まれている方、水は火によって弱まってしまいます。いつも家庭を穏やかに、食事は酸味塩味辛味を控えめにされると良い精子が作られます。


<ワンポイントアーユルヴェーダ102>女性の子宮や卵子は5元素の火の元素でできている。血液をきれいにするハーブが女性にすすめられるのはそのため。サフランミルクやクミンやコリアンダーのお茶、日々の生活にハーブを取り入れてみてはいかがでしょう。料理に使えば味もおいしくなります。



<ワンポイントアーユルヴェーダ103>聴覚は空元素が司っている。触覚は風元素。朝晩寒くなり、北風も感じられるこの季節。空風元素で成り立つヴァータ優勢になってくる時期。耳のマッサージや全身のオイルマッサージ、そして入浴はヴァータをバランスしてくれる。今から冬に備えてみては。



<ワンポイントアーユルヴェーダ104>前に食べた食べ物が完全に消化される前にまた食べる。という行為はアーマ(毒素)を作ります。洗濯の途中に汚れた服を入れるようなもの。食べ物が完全に消化されてから、次の食事を摂る。健康の秘訣です。だらだらと食べ続けたり食後すぐの睡眠もよくないです。


<ワンポイントアーユルヴェーダ105>自分にとっていい状態というのは3つのドーシャがバランスすることではなく、各自の生まれた時のドーシャがバランスすること。ドーシャの割合は人それぞれ。100人いれば100通り。ドーシャから自分の体質を見つめると自分の本質が見えてくるかもしれません


<ワンポイントアーユルヴェーダ106>冬になり体が芯から冷えてくる環境にあります。冷えを溜め込まないようあたたかくすること、オイルマッサージ後お風呂で温まったり、トリカトゥ(ジンジャー、黒こしょう、長こしょう)というアーユルヴェーダのスパイスを摂るなど、冷え対策するといいですね。

<ワンポイントアーユルヴェーダ107>年の瀬寒さも忙しさもアップしてヴァータが上がりますね。神経も落ち着かなくなり、眠りが浅かったり、頭がぐるぐるしたり。ナツメグやカルダモンは神経をリラックスしてくれます。適量をスパイスティーでとったり、寝る前ミルクととったり。香りにも癒される。


<ワンポイントアーユルヴェーダ108>冬は一番運動がすすめられる季節。寒くて体も丸まりプラーナの流れが滞りやすいから、運動が体を活性化して循環させてくれる。呼吸が気持ちよくたっぷりできるような運動がいいでしょう。ayvでは体力の半分程度、汗を少しかくぐらいの運動が進められてます。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ109〉花粉症の時期を快適に過ごすために、今からケアするといいですね。末消化物を貯めない生活、腹八分目、適度な運動、ヨガで肩甲骨を緩める、ターメリックの摂取、冷やさない、食後のアイスクリームを控える、昼寝しない、食べたら寝るまで2時間はあける等々。

<opアーユルヴェーダ110>生理機能が正常に働いているバロメーターは快食・快眠・快便。食欲があり、食べた物がスムーズに消化され、翌朝気持ち良く排泄されること。良質の睡眠も大切。快食快便でも、良い睡眠がとれてないと体が奥から休まない。内側に備わっている力はここからでてくる。



lei for the people, nature & the earth!!
malika project

スポンサーサイト

2011年08月12日 (13:00)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ71~80

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ71~80


〈ワンポイントアーユルヴェーダ71〉今日みたいに雨が降ってて肌寒い時は、カパとヴァータを調えるごはんがいい。適度に油分のある温かい野菜たっぷりのスープ。ちょっとスパイスきいて酸味のあるような。気分がすぐれずぼーっとする人は、スパイスでシャキっと意識がセンターに戻る


<ワンポイントアーユルヴェーダ72>感覚器官の過度の接触の中の触覚に陽の光が当たり過ぎたことが日焼けの原因。対処法としてはアロエやローズウォーター、ビャクダン煎じ液など身体を冷やすものを塗布する。そんな中一番の方法はやっぱり過度の接触を未然に防ぐこと。白いコットンの布を羽織るとか。


<ワンポイントアーユルヴェーダ73>ayvでバランスするということ。各々がこの世に誕生した瞬間(卵子と精子が受精した時)に決まったそれぞれの5元素の分量。その分量にバランスすること。なのですべての元素を均等に得ることではない。唯一無二の自分の本質を見、感じ、それに寄り添そう。



<ワンポイントアーユルヴェーダ74>夕方になり湿度が上がりカパが上がってきています。眠気は水のエネルギーアップの証拠。ショウガやスパイス効いたお茶を飲むといいですね。渋味のある緑茶もいいですね。甘いものはカパを増やすから眠かったら控えて。カパーラバティするのもいいです。



<ワンポイントアーユルヴェーダ75>13の生理的衝動を抑えると病気の原因となる。例えばおしっこを我慢すると、排尿困難、頭痛、鼠蹊部のこわばり。なので幼少時からおしっこを我慢していた人は鼠蹊部固いかも。ヴァータが幼少時から蓄積されるから、そのヴァータを鎮静するアビアンガするといい。


<ワンポイントアーユルヴェーダ76>病気知らずな人....ものを見る目をもち(良いものと悪いものを見分け賢明な行動をし)五感の対象に(過度に)傾斜せず、慈愛に満ちすべてのものは平等であるという考えをもち、誠実で、人を許すことを知る人『アシュタンガ・フリダヤ』4章36節



<ワンポイントアーユルヴェーダ77>ピッタが上がってくる季節になってくる。今からサングラスや帽子でピッタを溜め込まない予防をする。シャシャンカアーサナや体側を伸ばすポーズ、背骨をねじるポーズはピッタをバランスさせる。あとシータリーの呼吸法も。頭にたまるピッタすっきり。


<ワンポイントアーユルヴェーダ79>ここ最近の気候はカパを上げています。なので重さやだるさを感じてる方もいらっしゃるのでは。こういう時は汗をほどよくかくぐらいの運動をするのがおすすめ。太陽礼拝いつもより速めにおこなったり、胸開くポーズ多めにしたり、カパーラバティしたり。循環を。


<ワンポイントアーユルヴェーダ80>今日も晴天で暑い日になりそうですね。こんな日の食事にはぜひ「ゴーヤ」など苦味の野菜を。苦味の野菜は身体を冷やしてくれます。



lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2011年05月10日 (23:43)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ61~70

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ61~70


〈ワンポイントアーユルヴェーダ61〉先日の雪から湿度がだんだん上がってきました。いよいよカパの季節です。水分をためない、とりすぎない、滞らせない。流す、流す、流す。物質的にも感情的にも。満月、手放すチャンスです!


<ワンポイントアーユルヴェーダ62>人は空気、水、食物を取り入れ生きている。呼吸大切、食も大切。何を食べるかもだけど、どのように食べるか、いつ食べるか、どのくらい食べるか、身体の声に耳を傾ける。子供と大人。デスクワークの人とお外ワークの人。みんな消化力違います。各々の消化力で。


<ワンポイントアーユルヴェーダ63>油汚れが水よりお湯の方が良く落ちるように私たちの体の管の汚れも水よりお湯の方がより良く流してくれます。逆に体温よりも低い温度の水だと汚れがきゅっと固まってしまうことも。お白湯を飲みましょうと言われる所以はここにあります。ぜひ白湯を日々の生活に♪


〈ワンポイントアーユルヴェーダ64>ターメリック日本名うこん。素晴らしい天然の抗生物質。アレルギーやアトピー、血液浄化や腸内環境改善等体にめちゃめちゃいいです。なので花粉症にも最適。お茶や料理に。はちみつに小さじ1混ぜて食べるのも。ちなみに秋ウコンの方がいいそうです。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ65>春一番ふいて花粉飛んでますね。くしゃみやかゆみはカパ症状。カパを減らす食事を。苦味の野菜(菜の花など春野菜)あたたかくて消化軽いもの(野菜のスープなど)積極的に頂く。甘い物や消化に時間のかかるもの(乳製品など)控えめに。かゆみ出た時緑茶効きます


<ワンポイントアーユルヴェーダ66>花粉のよる目のかゆみ、つらいですよね。掻くとかゆさ倍増するし、どうしたらいいの。。アーユルヴェーダの代表的ハーブ「トリファラ」のパウダーを水で溶かした液で目を洗浄するとだんだんかゆみ治まります。「トリファラ」ネットで購入できます。


<ワンポイントアーユルヴェーダ67>アーユル的花粉対策。からだを冷やさない。特に頭。頭はカパの司るところ。頭を冷やすとカパが悪化するので、シャンプーしたらしっかり乾かす。夜より朝がおすすめ。春めいてますが、夜は意外と冷えます。外出時ニット帽など頭をあたたかくしてお出かけ下さい。


<ワンポイントアーユルヴェーダ69>ayvの古典チャラカサンヒターに次のような言葉がある「one should behave like kith and kin to all living beings」あらゆる生き物と親類のように振る舞う。人も動物も自然も地球もみんな一つの家族


<ワンポイントアーユルヴェーダ70>人間が気持ち良さを感じる湿度はだいたい60%今日の湿度は52%この季節快適に過ごせるのは湿度がいい感じだから5つの元素もだいたいバランスしている。今の自分の状態を見てみよう。空風火水土なにがいっぱいあるか少ないか。自分を知るヒントになる。



63がふたつあって64が抜けてたから、ひとつ64にしました。
そして68も抜けてました(笑)



lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2011年04月18日 (17:09)

リアル花粉症対策

リアル花粉症対策

3月末に杉花粉がおさまりましたが、ここ最近ひのきの花粉で困ってる人をよくみかけるので
アーユルヴェーダの花粉症グッズをご紹介します。

目のかゆみ
トリファラ水で目を洗う。

鼻水
アヌタイラを点鼻する。

下記のサイトで購入できます。
トリファラ
http://maharajaroad.com/ayurveda/triphala.shtml
アヌタイラ
http://saffronroad.net/ayur_goods/anu.shtml


とてもひどかった私の花粉症
ヨガとアーユルに出会ってからかなり軽減しました。
デトックスと骨格矯正がポイント。

鼻づまりは肩甲骨のつまりがとても関係してるから、ヨガで肩甲骨を自由に動かせるようになるとつまらなくなってくる。
目のかゆみや鼻水は、鼻周りや頭部に蓄積している粘着性の水(カパ)なので、
それをデトックスし、ためないよう身体を循環させる。

それでもおさまらない目のかゆみ
掻けばかくほど、かゆくなる。
そこでトリファラというアーユルヴェーダのハーブの水で目を洗浄。
とってもとってもすっきりします。
アイボン、トリファラバージョン

鼻周りや頭部にたまっているカパは、アヌタイラというたくさんの薬草の入ったハーブオイルを点鼻して
出す出す出す。

ご参考までに。


lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2011年03月30日 (21:44)

「アーユルヴェーダによる放射線への予防策 」

「アーユルヴェーダによる放射線への予防策 」


アーユルヴェーダの先生から送られてきました。

自分の心身は自分で守る。自分のエネルギーは自分できめる。
自分の人生の主役は自分である。
人の人生の主役は人である。
各々が自分軸しっかり、自分にとって最善のことを。

そのための1知識としてご参考になればと思います。



皆さま


放射能にさらされることは、人体にとって有害なものです。
抗がん治療で使用される放射線と、大気を通して影響するものとは大きな違いがあります。
それは、放射線を浴びる度合いと、直接的か間接的かという点です。
今回の原子力発電所の事故は、とても残念な出来事でした。
呼吸器官や肺機能、免疫機能への影響も考えられます。
ここに、いくつかの守るべきことを挙げますので、ご自身の健康のためにお役立て下さい。

1) 朝、ティースプーン2杯のチャバナプラシュを摂取する。
2) コップ1杯のミルクと、ティースプーン2杯のギーを摂取する。
3) できるだけ、乾燥した食品を避ける。
4) 予防処置として、マスクを使用する。
5) もしニームパウダー、もしくはニームの葉があれば、お風呂のお湯に入れ
る。皮膚感染の予防になります。
6) ニームオイルを入手できるなら、入浴前に身体に塗布する。
7) 外出を避ける。
8) ホーリーバジルも、摂取すると良い。
9) 液体食を増やす。 例:スープ、ミルク、新鮮なジュース、ギー

あなたの知り合いに、このお知らせを転送してください。
私たちインドからでは、このように僅かな事しか、お助けする術はありません。
何か必要なことがあれば、おっしゃって下さい。


Dr.スクマール・S・サラデシュムク

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


放射線の影響が否めない状況となって、不安な気持ちをお持ちの方も多いと思います。
こんなときにこそ、やはり日常生活と食事を整えることが、
免疫力を上げて身を守る大きな力となることは間違いないでしょう。

追記:(3)の「乾燥した食品を避ける」というのは、ドライ加工したものを液
体にひたすなどの処置をしたものは、除外されると考えて良いと思われます。



lei for the people, nature & the earth!!
malika project




2011年03月28日 (22:36)

ヴァータを鎮静するワンポイントアーユルヴェーダまとめました

ヴァータを鎮静するワンポイントアーユルヴェーダまとめました

地震や津波は自然の中の空と風のエネルギーの悪化(爆発と言ってもいいか)

私たちの身体も自然界と同じ5つの元素でできている。
そんな私たちの身体も知らず知らずに空と風のエネルギーが過剰になっています。
なので、心配したり、不安に苛まれたり、眠れなくなったり、皮膚が乾燥したり、腰痛や頭痛など普段より痛みを感じたり。
これらすべてヴァータの悪化によるものです。

ヴァータを鎮静するワンポイントアーユルヴェーダをまとめたので、ご参考にされてください。

あたためること
規則正しい生活をこころがけること
オイルマッサージ
前屈系のヨガ
片鼻の呼吸法
あたたかな消化によいスープ
ぬくもり
つつまれる






<ワンポイントアーユルヴェーダ52>
朝起きた時昨日の疲れはとれていますか?たっぷり眠れていても疲れがとれていないと安眠とは言えません。良質の睡眠は生理機能を潤滑にするためにとても大切です。安眠効果→オイルマッサージ、ゆっくり入浴、ナツメグ少々入れた温かいミルク、ゆったりとした呼吸

<ワンポイントアーユルヴェーダ51>
太白ゴマ油は一度熱処理(100℃から110℃にあたため冷ます)したものを使用します。皆さんよくご存知のセサミンが熱することでセサモールに変わります。セサモールはより人間の身体に近い成分となり内側へと浸透しやすくなります。ご面倒でも熱処理を♪


〈ワンポイントアーユルヴェーダ57〉
耳はヴァータがつかさどる器官。冬ヴァータのエネルギーが増す季節。耳をあたためる耳当てや帽子をすっぽり耳までかぶりましょう。冷えが緩和します。寒さや緊張からくる頭痛の予防にもなります。


<ワンポイントアーユルヴェーダ58>
ヴァータのエネルギーは風と空の元素でできています。疲れやすい人、ストレス過多、不眠な人は空のエネルギーが不足しているかもしれません。バランスのとれた空元素にはスペース(余裕)があります。ぜひ今年は自分の心にスペースを作る心がけをいたしましょう♪

<ワンポイントアーユルヴェーダ49〉すっかり秋めいてきました。冬のヴァータの季節にむけて今からヴァータ対策始めましょう。セサミオイルでのマッサージや腰から脚にかけて冷やさないよう温かくしたり。規則正しい生活をこころがけたり、温かい飲み物を頂いたり。ショウガを食事に取り入れたり♪


〈ワンポイントアーユルヴェーダ12〉耳は空元素がつかさどっている。ドーシャでいうとヴァータ。冷えたり心労がたまったりストレス過多になると耳なりの症状など出てきます。疲れた時はお風呂にあたたまって温かい手で優しく耳を包んであげましょう。ヴァータが沈静されるよ。


<ワンポイントアーユルヴェーダ5>
天気気温が変わりやすいと疲れやすくなり落ち着かなくなります。オイルマッサージ呼吸法瞑想をして過剰に上にあがるエネルギーを鎮静しましょう朝夕五分深呼吸しながら目をつぶるのも効果的



lei for the people, nature & the earth!!
malika project





2011年03月07日 (17:04)

アーユルヴェーダws「自分の中のピッタ(火と水のエネルギー)を感じてみよう」開催!


アーユルヴェーダws「自分の中のピッタ(火と水のエネルギー)を感じてみよう」開催!



火と水のエネルギー(ピッタ)を具体的に説明していく中で、皆さん自らがそのエネルギーを感じていきます。
そしてピッタをより良いエネルギーにしていくアドバイスを致します。

アーユルヴェーダをご存知でない方も気軽に受けられるワークショップになっています。
アーユルヴェーダってそういうことなんだとわかりやすいwsです。

なぜかいらいらしてしまう、皮膚トラブルが気になる、目が疲れるなどの症状の原因がわかり、
ちょっとした気づきからそれらの症状を軽減していきます。
食事のアドバイスも致します。

座学のあと、ピッタに効果的なアーサナと呼吸法を行ないます。
血液がきれいになりますよ。


【日時】 2011年3月20日(日)19:00~20:30
【参加費】3,000円
【お問い合わせ】 shuklayoga@gmail.com
【会場】シュクラヨガ  
    東京都渋谷区神宮前4-28-25 2F
    http://www.shuklayoga.jp/



lei for the people, nature & the earth!!
malika project





2011年03月01日 (13:46)

Everything happens for the best of my life!!

Everything happens for the best of my life!!


12月に私も書かせて頂いたピンクリボンリレーブログ。
毎月月初めに更新される。
さっき読んだ記事。

マンモグラフィーの検査技師の方の記事

http://pinkribbon-relayblog.okkaran.lolipop.jp/


私が乳がんの手術をしてからもうすぐ一年が経つ。
この件に関しては改めて書こうと思うが、この一年間さまざまなことがあった。
気持ちもいっぱいいろんな気持ちを感じてきた。
そして今。

ほとんど私の頭の中には乳がんのことはなくなっている。
ような気になっている。

だけど、このように乳がんをテーマにしたブログを読むと、改めて思うことがある。

私は乳がんが早く見つかり、適切な処置をしてもらい、たくさんのサポートを受け
いまこのように元気に過ごしている。
乳がんを知る前より今の方がこころもからだも軽い。
ありがたい。

乳がんも病いも人ごとのように思うけど、こればっかりはわからない。
どうぞみなさん、ご自分のからだとこころに目を向け
自分のからだ、自分だけのからだでないこのからだをかわいがってあげてください。
人ごとと思わず、意識して検査してください。

今日はこれから、ピンクリボンリレーを主宰してくれているののりこちゃんに会います。
このタイミングなんですね。

Everything happens for the best of my life!!
(すべてはその人自身のベストな人生のための出来事。)

と思える人生を♡

日々瞬間瞬間感じ、よろこびあふれる時を。


live the life you love
love the life you live
malika project





2011年02月15日 (23:23)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ51~60

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ51~60


<ワンポイントアーユルヴェーダ51>
太白ゴマ油は一度熱処理(100℃から110℃にあたため冷ます)したものを使用します。皆さんよくご存知のセサミンが熱することでセサモールに変わります。セサモールはより人間の身体に近い成分となり内側へと浸透しやすくなります。ご面倒でも熱処理を♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ52>
朝起きた時昨日の疲れはとれていますか?たっぷり眠れていても疲れがとれていないと安眠とは言えません。良質の睡眠は生理機能を潤滑にするためにとても大切です。安眠効果→オイルマッサージ、ゆっくり入浴、ナツメグ少々入れた温かいミルク、ゆったりとした呼吸


<ワンポイントアーユルヴェーダ53>
これからの季節の白湯をおいしく&よりあたたまるものにするこつ。白湯にしょうがとシナモンの粉を少々入れる。カルダモンを混ぜてもおいしいです。これらのハーブは身体をあたためます。カルダモンには精神を落ち着ける作用もあります。ヨガレッスンで好評でした


〈ワンポイントアーユルヴェーダ54〉
心身共に健康に生きていくためにサットブリッタ(正善行為)という心身に善い行いがあります。いかに心を静めて生きていくか。ヨガの教えそのものが具体的に書かれています。心を静める呼吸法、瞑想。1日5分でも心を静める時間を作りましょう。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ55〉
感覚器官は環境の出入口。味覚聴覚視覚触覚臭覚の対象となるものが良いものであれば、心身共に健康に幸福へと導かれる。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ56〉
今年もあと10日あまり。冬に上がる風のエネルギーが年の瀬で更にアップしています。地に足つけることをいつもより意識しましょう。朝夜五分のゆったりとした呼吸法、温かい鶏のスープ、オイルマッサージ等々風が穏やかに落ち着きます。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ57〉
耳はヴァータがつかさどる器官。冬ヴァータのエネルギーが増す季節。耳をあたためる耳当てや帽子をすっぽり耳までかぶりましょう。冷えが緩和します。寒さや緊張からくる頭痛の予防にもなります。


<ワンポイントアーユルヴェーダ58>
ヴァータのエネルギーは風と空の元素でできています。疲れやすい人、ストレス過多、不眠な人は空のエネルギーが不足しているかもしれません。バランスのとれた空元素にはスペース(余裕)があります。ぜひ今年は自分の心にスペースを作る心がけをいたしましょう♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ59>
花粉が飛び始めているようですね。微量な今から花粉対策!食事は軽めに。ヨーグルトやアイスクリーム、チーズなどの乳製品は控えめに。身体を冷やすもの、消化に時間のかかる重いものを控え、食べ過ぎにも注意。温かく消化しやすいもの、苦味渋味の野菜を頂く。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ60〉
いよいよ花粉の季節。症状の一つにかゆみがあります。甘味はかゆみを悪化させます。控えめに。苦味は抑えます。積極的に。うこんは苦味あり天然の抗アレルギーハーブ。お茶に炒め物にこの時期毎日どうぞ。




lei for the people, nature & the earth!!
malika project








2010年12月27日 (16:56)

アーユルヴェーダws「自分の中の風と空のエネルギーを感じてみよう」開催!

アーユルヴェーダws「自分の中の風と空のエネルギーを感じてみよう」開催!


あさって、12月29日アーユルヴェーダのワークショップを原宿のshukla yogaで開催します。
風と空のエネルギー(ヴァータ)を具体的に説明していく中で、皆さん自らがそのエネルギーを感じてみます。
そしてより良いエネルギーとしていくアドバイスを致します。
アーユルヴェーダをご存知でない方も気軽に受けられるワークショップになっています。
アーユルヴェーダってそういうことなんだとわかりやすいwsです。
冷え性や不眠の原因ってここにあったんだ!こうすればいいんだ!と、
たくさんの気づきと光に満ちあふれたwsです。
ご参加お待ちしております♪


12月29日(水)14:00~15:30
3000円
■住所
東京都渋谷区神宮前4-28-25 2F
■お問い合わせ
shuklayoga@gmail.com
http://www.shuklayoga.jp/topics/20101223.html



lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2010年12月20日 (07:57)

とってもわかりやすいアーユルヴェーダのwsやります@原宿shukla yoga

とってもわかりやすいアーユルヴェーダのwsやります@原宿shukla yoga


裏原宿に今月オープンしたシュクラヨガで行なうアーユルヴェーダの講座のお知らせです。

冬を快適に過ごせるようになります。
また自分の中にある風と空のエネルギーをみることができます。
そのことによって、どのような生活をしていったらより快適により自分らしく幸せで有意義な人生がおくれるかがわかってきます。
3回シリーズの一回目。
とっても分かりやすいので、アーユルヴェーダまったくの初心者の方にもたいへんおすすめです。




Momoyoの今すぐ役立つアーユルヴェーダ
~体を支える3つのエネルギーを身近に感じてみよう!Vol.1~

ヨガと密接な関係のアーユルヴェーダを、わかりやすく解説する入門講座。
全3回シリーズの1回目は、『ヴァータの季節の過ごし方』です。

個々の体調や季節、環境などに合わせ、
具体的に日常ですぐに実践できるアーユルヴェーダのアプローチを
人気の講師・山口ももよがお伝えしていきます。

講座の前半では食事や生活法、
後半ではアーサナや呼吸法を実際おこないます。
1月は「カパ」、2月は「ピッタ」を取り上げます。

【日時】2010年12月29日(水)14:00~15:30
【参加費】3,000円
【場所】shukla yoga @原宿 http://www.shuklayoga.jp/
【講師】山口ももよ

ご参加希望の方はshuklayoga@gmail.comまで、
参加者のお名前、人数、お電話番号をメールください。
※参加費のご入金は、当日とさせていただきます。
※基本的にキャンセルはお受けできません。
※定員数になった場合、予約がお受けできない場合がございます。




【山口ももよ プロフィール】
malika project<http://malika-project.com/>ディレクター
ヨガインストラクター、アーユルヴェーダセラピスト、
アーユルヴェーダライフスタイルカウンセラー・ヘルスコーディネーター、
レイキサードディグリー取得
malika projectブログ<http://malikaproject.blog45.fc2.com/

未熟児で生まれ、虚弱体質の幼少時代を過ごし、
ビデオを見ながら家でヨガを始め、気持ちよさを味わう。
30代。オリジナルのファッション小物ブランドを手がけていたとき、
思いがけなくアーユルヴェーダに出会い、ヨガ道を深めていく事に。
現在はヨガウェア「malika project」のディレクターとして、
ヨガインストラクター、アーユルヴェーダ講師として活躍中。
2010年に病の経験を通して、ヨガとアーユルヴェーダの
叡知の素晴らしさを改めて実感。
その叡知を伝えることに更なる喜びを感じている。



2010年11月05日 (10:02)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ46~50

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ46~50


<ワンポイントアーユルヴェーダ46〉9月夏に蓄積されたピッタが悪化してくる時期。夏の疲れが出てきます。ピッタが司る部位、目。仰向けになってローズウォーターひたしたコットンで目にパック。5分程そのまま横たわる。ついでに第三の目にも。余分なピッタが浄化されます。気持ちいいよ♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ47〉自分の生命エネルギーがバランスしている、調和している目安は、快食・快眠・快便です。どれもかかせない。みなさんは快食・快眠・快便ですか?自分を見直してみましょう♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ48〉ここに存在するすべては5つの元素、空風火水土でできている。ドーシャはこの5つの元素から生じる生命エネルギー。5つの元素が宇宙の根源からどのように生じていくかはサーンキヤ哲学がベースにあります。成り立ちが知りたい方はサーンキヤ哲学を学んでみては♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ49〉すっかり秋めいてきました。冬のヴァータの季節にむけて今からヴァータ対策始めましょう。セサミオイルでのマッサージや腰から脚にかけて冷やさないよう温かくしたり。規則正しい生活をこころがけたり、温かい飲み物を頂いたり。ショウガを食事に取り入れたり♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ50〉「アーマ」アーマとは未消化物のこと。消化されず体内に蓄積されたもの。それがたまって通り道を閉塞させ病を引き起こす。アーマをためない生活法を実践するといいですね。腹八分目前、食後3時間は何も食べない(寝る3時間前には食事を終わらす)、白湯等々。



ワンポイントアーユルヴェーダ、おかげさまで50になりました♪
これから新たにすすめていきます!
これからもよろしくね☆


lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2010年11月02日 (19:29)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ41~45

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ41~45


<ワンポイントアーユルヴェーダ41〉ピッタが増えてくる季節におすすめなお花。バラ。ローズウォーターを浸したコットンを瞼に置いて目からリラックス。ローズのアロマをたいて鼻から脳からリラックス。ギーを塗ったトーストにバラジャムを塗って味覚からリラックス。余分な熱をとってくれます。


<ワンポイントアーユルヴェーダ42〉 快食・快便・快眠。人間の身体が正常にスムーズに働いているかのバロメーター。どれもかかせない大切なこと。出来ていますか?こころの声にきいてみましょう♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ43〉いつもオイルマッサージしている方へ。アーユルヴェーダの夏のオイルはゴマ油よりココナッツオイルがおすすめです。ゴマは温性なのでこの暑~い日々には熱過ぎちゃう。ココナッツオイルは冷性なのでこの季節にいいです。


<ワンポイントアーユルヴェーダ44〉ヨーグルトの食べ方。便通に良いと言われているので皆さんよく召し上がりますよね。実はヨーグルトは粘着性があり冷性で消化にとても時間がかかります。ヨーグルトを同量の水でよく混ぜ岩塩を一つまみ入れれば、粘着性も消え消化もスムーズな良いものとなります。


<ワンポイントアーユルヴェーダ45〉アーユルヴェーダでは消化力を大変重要視している。なので、食べ物の質を消化に重いか軽いかで見ていくという特徴がある。そして食べ物を軽性にする手段がたくさんある。例えばお粥を作る時まずお米をいってから炊くとか。これは日本でも古くから使われている。


このつぶやきは7月中旬頃のです。
夏の時期。
これから冬になるので、ピッタのエネルギーはおとなしくなりヴァータのエネルギーが増えてきます。
乾燥や冷えのケアを今のうちからしておきましょう♪
近々つぶやきます。
冷えをためないのがポイント。
前もって準備するといいですよ。


lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2010年10月06日 (14:07)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ36~40

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ36~40


<ワンポイントアーユルヴェーダ36>早起きがなんでいいか?これも5大元素にとても関係している。朝6時からは水と土のエネルギーの時間どっしりと腰が落ち着く時間。朝6時までは風と空のエネルギーの時間軽やかに動く時間。軽やかな時間帯の方が起きやすいですよね。気持ち良く目覚められます♪


<ワンポイントアーユルヴェーダ37>たまのお祭りや運動会、サッカー観戦などいわゆるハレの日の翌日はヴァータ(風と空のエネルギー)が上がります。いつもと違う時間を過ごすから。そんな翌日のお食事は、あたたかく適度に油分を含んだもの&穀物。ということはサムゲタンが良さそうですね!甘味も適量とって。にんじんのハルワなんかいいですね。そうして心も落ち着かせます。なんか落ち着かなかったら軽く瞑想や呼吸法、5分ぐらいしてみるといいですね。あとは電車の中は目をつむって内側に目をむけてみたり。


<ワンポイントアーユルヴェーダ38>暑さでバテ気味の方、いらっしゃいませんか?夏は暑いので日常生活をしているだけでも体力使っています。習慣にしている運動もいつもより控えめに。ayvでは運動は自分の体力の半分程度と言われています。ほどほどに致しましょう♪


〈ワンポイントアーユルヴェーダ39〉旬なフルーツの甘さは、無理なく身体の熱を下げます。最近出始めた桃はジューシーでやさしい甘味の中にほんのり渋味があり、熱さを下げます。食欲なく固形物が入りにくい夜、無理にごはんを食べずに、新鮮な旬のフルーツをいただくのはいいですね。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ40〉あるがまま。ayvのトリドーシャ理論のベースにある5大元素。人間も自然も宇宙もすべて5大元素でできている。自然を真似れば自ずと心身共健康に生きられる。自然は何にも抵抗せずそのまま動いています。あるがまま。すべてをただ受け入れる。この暑さしかり。


<ワンポイントアーユルヴェーダ40〉喉風邪流行っていますね。痰や咳はカパ(水と土)が増えたため。甘いものやしょっぱいもの、消化に時間のかかるねばっこいもの油物は控えめに。苦味辛味をとりましょう。ぬるめの白湯にターメリックと塩を少々入れたものでうがいするのもおすすめ。



夏頃つぶやいていたものなので、夏のアーユル対策入ってますね。
今年の夏の過ごし方を振り返ってみました。
40が2つあって。私は暑さで頭ぼーっとしてたのかな。。

そう言えば今年の夏ってとっても暑かったですよね。
すっかり忘れてました。(人間がかみさまから与えられた術のひとつ)

今はこのここちいい秋の気候に身体がよろこんでいますね。

そう言えば、一週間程前この上なく頭が痛くなりました。
夏の間にたまったピッタ(火のエネルギー)がでてきた。
夏の疲れがでてきたようです。
今年の夏は、意識的にのんびり過ごし、あまり熱をためないような生活をこころがけていたんですけどね。
暑かったですものね、たまってたみたい。

気候も過ごしやすくなりました。
今月はからだのこころにきいて、良い睡眠とこころとからだが喜ぶ負担かからず滋養のある食事をいつもよりもこころがけるといいみたいです。
無理せず、自分が思っている以上に身体をいたわりましょう。

実りの秋
自分の内側から喜びが感じられますように。。
楽しい秋を♪


lei for the people, nature & the earth!!
malika project


2010年08月19日 (10:02)

血液をきれいにするハーブ ニームについて




血液をきれいにするハーブ ニームについて


ニームはアーユルヴェーダでもとてもポピュラーな薬草。
すご~い殺菌作用があるから、天然で安全性の高い殺虫剤として幅広く農業や畜産業などにも用いられています。
まさに今地球に求められているハーブです!


P2010_0819_090432.jpg
家のニーム



ニームはすっごく苦いです。わたしはほぼ毎日茶さじ半分のニームをハチミツと一緒に摂ってるけど、毎回苦い顔してます。
「良薬は口に苦し」というけれど、まさにその通りで、ニーム、nimbaはサンスクリット語で「全ての病気の治療」という意味の名前を持っています。

アーユルヴェーダのドーシャで説明すると、苦味はピッタとカパを下げます。
なのでピッタが上がる夏に起こりやすい皮膚のトラブルにとっても効くんです。わたしも夏はニームの石けん使っています。おかげであせもとかできません。アーユルを知ってから、なんでもなる前に予防できるようになってきました。

肌のトラブルは血液の汚れからくるので、皮膚トラブルが起きた時、対処的な方法と共に身体の内側からきれいにする方法をとるといいです。血液をきれいにすれば、おのずと皮膚のトラブルは減ってきます。
ピッタを下げるので、熱を下げる効果もあります。
またカパも下げるので、咳や喉の渇きや肥満、関節炎、腫瘍にも効果的。
ガンの予防にもなると言われています。
なにはともあれ万能なハーブ!

一つ気をつけたいこと。
強力な苦味です。
摂り過ぎるとヴァータを上げてしまいます。またヴァータが悪化してる人... 体力のない人やご老人、赤ちゃんや子ども、そして妊婦への使用は避けます。




防虫剤効果があるから、蚊よけにもなります。
ニームグッズがいろいろ売ってお店です。
http://www.neemshop.jp/neem.html

NPO法人日本ニーム協会
http://www.nihon-neemkyokai.com/index.html



ほんっとに苦くてびっくりしますが、一度お試し下さい♪
考えてみたら、殺菌効果が抜群のニーム。作物を害虫から守ります。
ということは、私たちが内服したら身体の中のいらないものを取り除いてくれますね。
いらないものがデトックスされて、身体の中がきれいになっていく。

人にも食物にも、動物にもみ~んなに役立つっていうところが、アーユルヴェーダ的でいいですね。
みんな同じ5つの元素でできているから。
アーユルヴェーダの叡智を知ると、こころも身体もどんどんありのままに戻ってきます。
そして軽く軽く軽くなり、いつもシャバアーサナしたあとみたいな気持ちでいられるようになります。
それが理想ですね。

無理な力が抜けて、いつもリラックスして
こころもからだも気持ちよく、人も自然も大地もみ~んな笑顔でいられますように。。。

om shanti shanti shanti...



lei for the people, nature & the earth!!
malika project

2010年08月16日 (06:14)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ31~35


twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ31~35

<ワンポイントアーユルヴェーダ31>暑い季節の白湯はいつもの白湯よりぬるめで。50℃ぐらいかな。ついでにお風呂もぬるめで。なぜなら身体があつくなっているからです。注)外が暑くても冷房がきいている所にずっといる人は冷え対策もしてね。夏はこのようにコントロールが難しい季節。体力も消耗しやすいので、無理せず自分の体と心のいつもよりも耳を傾けましょう。


<ワンポイントアーユルヴェーダ32>暑い日が続いて体力消耗してると、辛いものとか食べて元気つけようって思うけど、ほどほどに。辛いものや塩辛いもの酸っぱいものは身体を更に熱くします。緑の野菜、消化に良い食事を中心に、酸味はレモンなど天然のものから辛味はしょうが、長こしょうから。


<ワンポイントアーユルヴェーダ33>昨日から高湿度で水のエネルギー満載ですね。代謝がわるくなりむくみがちな方もいらっしゃるのでは。カパ上昇中!甘いものを控えて、緑の野菜しょうが豆類頂きましょう♪緑茶など渋味もいいですよ。


<ワンポイントアーユルヴェーダ34>ayvの根底にあるサーンキヤ哲学。人間も植物も大地も地球もこの世に存在するすべては5つの元素空風火水土で構成されていると考えられている。身体の調子をこの五元素でみていく。これが身についていくと自ずと生きやすく謙虚になる。すばらしい哲学です


<ワンポイントアーユルヴェーダ35>5大元素の一つ土元素。人間の中の土元素はこの肉体。目に見える触れられるこの肉体が土元素で構成されています。土元素がなければこの世に存在しません。自分の存在意義が見いだせない人はこの土エネルギーが不足しているかもしれません。土いじりやハイキングなど大地を感じることをすると、土エネルギーチャージできます。この地球に存在できるのは土元素のおかげ。自分の肉体に感謝致しましょう。



lei for the people, nature & the earth!!
malika project

2010年06月25日 (09:57)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ21~30

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ21~30


<ワンポイントアーユルヴェーダ21〉塩は温性です。ピッタ体質の人や皮膚病の人、いらいらする人は塩分を控えた方がいいと言われます。海の塩より山の塩、岩塩には海塩よりも温性がやわらかなので、そのような方におすすめです。味もマイルドですしね。おいしいですよね。


<ワンポイントアーユルヴェーダ22〉暑い日の天然の栄養ドリンク。レーズン、いちじく、デーツを細かく刻んだものを一晩水につけたもの。自然の甘味が無理なく身体の熱をとります。そして身体に吸収されやすいのですぐにエネルギーとなります。甘くておいしいです♪余分な熱をとりピッタを下げます。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ23〉甘味酸味塩味辛味苦味渋味、一回の食事でこの6つの味をとり入れる。そうするとバランス良い食事となり、体も心も満足し、食べ過ぎることがなくなってきます。アーユル的メタボ対策!


〈ワンポイントアーユルヴェーダ24〉ayvの4つの目的の一つ、ダルマ。今生で自分が果たす義務のこと。この世に生まれた目的はすべての存在にあります。自分の従事する仕事は愛や気づき、意識、知識や技能を顕在化する場です。どんな仕事にも意義があります。真剣に喜んで取り組みましょう。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ25〉ayv的人生の4つの目的の二つ目はアルタ。富を得ようとする欲求のこと。富は、ダルマ(義務)や願望(カーマ)を実現する手助けをする大切なエネルギー。この地球で暮らすにはなくてはならないもの。富があれば、自分自身のみならず他者への援助も出来ます。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ26〉ayv的人生の4つの目的の三つ目はカーマ。人生の喜びのこと。自分の望みがかなうような幸福な生活を送ろうとする欲求のこと。自分の望みだけでなく全ての人の望みが叶うように願うのが理想。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ27〉ayv的人生の4つの目的の四つ目はモークシャ。解脱。永遠至高の幸福に到達すること。精神を高め自己と宇宙に関する真理を探求し、それを体得できたとき、人は永遠至高の幸福を得ることができます。ヨガの目的と一緒ですね。究極のしあわせ。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ28〉ayvでは13の生理的欲求を我慢すると病気になると言われています。その13の体から自然に出てくる生理的欲求とは、食欲、喉の渇き、眠気、便意、尿意、おなら、ゲップ、あくび、疲れたときのため息、涙、射精、嘔吐、くしゃみ。我慢しないで下さいね♪


〈ワンポイントアーユルヴェーダ29〉昨日の暑さでみなさんのピッタ(火のエネルギー)が上がっていると思います。甘い果実のジュース、マンゴーやパイナップルなどのジュースを一杯飲むと上がった体内の熱が下がり、エネルギーがバランスしてきます。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ30〉今日は日曜日。太陽の日。インドでは子供たちに日曜日に苦味のものを食べさせる習慣があるそうです。なかなか苦味の食材を摂取するのは難しいですね。なので曜日を決めて食べさせるのだそう。良薬は口に苦しと言うように、苦味は体の毒素を排出してくれます。




アーユルヴェーダの人生の4つの目的を始めて知った時、生きる目的をリアルに感じることができました。
そして自分の内側からの力を感じました。
アーユルヴェーダは生きるための叡智です。
食事や睡眠など生活のことから、このような目的に至るまで統括して私たちに教えてくれます。
気づかせてくれます。

どうぞこれからもワンポイントアーユルヴェーダ、お付き合い下さい。
いつもお読み下さりありがとうございます♪



アーユルヴェーダの神 ダンワンタリ神へ
そして存在するすべてへ
愛と感謝を込めて




lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2010年06月20日 (20:43)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ16~20

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ16~20


<ワンポイントアーユルヴェーダ16〉体をあたため代謝、消化力をあげる辛味のハーブの代表格しょうが。その他にも沖縄に生息する「ヒハツ」があります。別名長こしょう。しょうがやこしょう程ピッタをあげないので夏やピッタ体質の人にも良い辛味のハーブ。沖縄ショップで手に入ります。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ17〉明日は満月ですね。月には水の性質があります。怒りや悲しみやネガティブな感情を浄化するのに最適です。塩を入れたお風呂に入って心身を浄化し、月のやさしいエネルギーを身体いっぱいに満たし瞑想をしましょう。



<ワンポイントアーユルヴェーダ18〉目はピッタ(火)の座。目の充血や疲れ目ドライアイはピッタが悪化している状態。目のピッタを鎮静させるにはコットンにローズウォーターをしみ込ませて目の上に置く。水の性質である月を見る。今日は満月。お月様眺めてみてください。目から心まで癒されますよ♪



〈ワンポイントアーユルヴェーダ19〉食欲がなかったり消化不良な時。アグニという消化の火が弱まっています。消化力が落ちている。そう言う時は、元気づけようと無理に食べるのではなく、身体にやさしいあたたかい食べ物を食べましょう。冷たいもの、辛いもの、脂っこいものなどを控えて。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ20〉朝10時から午後2時まではピッタ(火のエネルギー)の時間。ayvではお昼を一日のメインの食事にするといいと言われています。それはちょうどお昼時がピッタの時間で消化力が一番ある時だから。ダイエット中だけどケーキ食べたいという方はお昼にどうぞ。




lei for the people, nature & the earth!!
malika project



2010年06月17日 (07:43)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ11~15

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ11~15



〈ワンポイントアーユルヴェーダ11〉ayvの目的に「幸福で有益な寿命」というのがあります。いかにあるがまま心も体も真の自由で与えられた命をしあわせに生きるか。そのための叡知です。これからもお付き合い下さい♪いつもありがとうございます。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ12〉耳は空元素がつかさどっている。ドーシャでいうとヴァータ。冷えたり心労がたまったりストレス過多になると耳なりの症状など出てきます。疲れた時はお風呂にあたたまって温かい手で優しく耳を包んであげましょう。ヴァータが沈静されるよ。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ13>ターメリック日本名うこん。素晴らしい天然の抗生物質。ターメリッククリームをかゆみや吹き出物にぬると効き目抜群!アトピーにもいいです。次のwsターメリッククリームつくろっかな。血液浄化や腸内環境改善等体にめちゃめちゃいいです。日々の料理にどうぞ。



〈ワンポイントアーユルヴェーダ14>なかなか眠れないときの対処法1;あたたかいミルクに黒砂糖とナツメグを入れて寝る前に飲む!(ミルクを飲むときは食後1時間は最低でもあけましょう)



〈ワンポイントアーユルヴェーダ14>vata向け白湯:お白湯だけだとちょっと飽きてしまいますというあなたに。カルダモンとショウガのパウダーをひとつまみ入れてみてください。ほっとします。今日のような季節に最適!ちょっと黒糖入れて甘くしてもいいですよ。



ワンポイントアーユルヴェーダ15〉トリドーシャの一つ、ピッタ。ピッタは火の元素。ピッタを多く持つ人は完璧主義者だと言われます。そして怒りの感情をより抱くと。それは炎のように熱い情熱があるからですね。ピッタのもう一つの元素水のエネルギーで炎を調節すればこの情熱が世界を明るくします。




live a happy life
with the great knowledge of ayurveda!!
malika project



2010年06月13日 (09:07)

新たな一日

新たな一日


昨日は新月でしたね。
み~んな生まれたばかりの自分に戻った瞬間。
そして今日からまた新たな一日が始まる清々しい日曜日。

日曜日は太陽の日。
このすばらしい日に、二回目の乳がんワークショップを行えることがとてもうれしいです。
リラヨガにて、2時から。
今からとっても楽しみです。

早朝起床して、久しぶりに開いた大切なアーユルヴェーダの本の一冊。
読みながら、改めてアーユルヴェーダの深淵な叡智に感動致しました。

その中の一節を。



「健全な精神」

・幸福で満ち足りていること。快活な気質。好感のもてる態度。
・心が安らいでいること。
・自尊心と自信が適度にあること。
・緊張しすぎていたり、欲求不満の状態でないこと。
・愛情、友情、喜びを分かち合えること。
・自分の内面を見つめ、自分がなにものであるかを知っていること。
・他人とよい関係をもち、誰とでも仲良くできること。
・あらゆる点で順応力があること。
・心が安定していて、動揺しないこと。
・不屈の精神と勇気があること。
・知性があり、記憶力が優れていること。
・創造力が豊かであること。
・良心に従って行動できること。
・欲望、本能、情動、品行、行動、発言を完全に自制できること。
・教育者や博学な人にたいして敬意をはらうこと。
・誠実な発言、明晰な思考力、正確な行動力をもっていること。
・謙遜と感謝の念があること。
・他人を思いやり、社会的責任を果たすこと。

                         『アーユルヴェーダ式育児学』V.B.アタヴァレー著より



これらは、まさにドーシャ(生命エネルギー)バランスしている状態。
サットヴァに溢れ、オージャスで輝いている状態。

いかにしたらこのような状態になれるか。

それを心からアプローチしたのがヨガであり、
身体からのアプローチをしたのがアーユルヴェーダです。

そしてその真の目的は、安らかで幸福に満ちた人生。


このことをお伝えする機会を与えられていることに感謝です。

今日もこれからほんとに楽しみです。


この叡智に、このお導きに、そして実現させてくれている太陽の神さまに、そしてすべてのつながりに。
愛と感謝を込めて。

happy sunday


lei for the people, nature & the earth!!
malika project





2010年06月03日 (09:46)

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ1~10

twitter版ワンポイントアーユルヴェーダ1~10


<ワンポイントアーユルヴェーダ1>
5月はカパ(水と土のエネルギー)が上がります。5月病はカパの悪化です。なんかやる気が出ないわというときは、油分控えめの消化しやすいあたたかい食べ物を食べましょう。特に夜は控えめにhttp://tinyurl.com/272ewup


<ワンポイントアーユルヴェーダ2>
ayvでは何をどのように食べるかを消化力で見ます。微熱のある10歳の子と元気はつらつの8歳の子ではいくら10歳の子の方が身体が大きくても消化力は8歳の子の方がありますよね。その子その子の消化の力を見ていきます。ayvは思いやりから生まれました。自分の内側を見ていきましょう。今自分に必要な食べ物、身体が心底欲している食べ物がわかります。 身体と心が喜ぶお食事をしましょう!


<ワンポイントアーユルヴェーダ3>
太陽の元での外ヨガのあとはピッタ(火)とヴァータ(風)が上がります。夜はギーで炒めた野菜のスープなど軽めにして、熱くないお風呂にゆっくり入って10時におやすみできたらいいですね


〈ワンポイントアーユルヴェーダ4〉
この時間になると頭が疲れてきて仕事に集中しにくくなります。それはこの時間がヴァータ(風)の時間だからです。ヴァータを鎮める温かくて甘い飲み物、チャイなど飲んで疲れをリセット。


<ワンポイントアーユルヴェーダ5>
天気気温が変わりやすいと疲れやすくなり落ち着かなくなります。オイルマッサージ呼吸法瞑想をして過剰に上にあがるエネルギーを鎮静しましょう朝夕五分深呼吸しながら目をつぶるのも効果的


<ワンポイントアーユルヴェーダ6>
ayvをよく知らないインド人もみんなやっている朝の習慣タングクリーナー。虫歯・歯周病予防にはもちろん、最近では大腸がんの予防にも。お試しください♪注)歯ブラシの舌磨きはミライを傷つけ老廃物を中に押むので逆効果


<ワンポイントアーユルヴェーダ7>
起床し最初に口にするのは何ですか?トイレ歯磨き舌そうじの後は白湯を飲みます。寝てる間に食道に出てきた老廃物を白湯で流します。冷たい水やお茶だとせっかく出てきた老廃物が食道にまた吸着してしまいます注)温かくてもコーヒーやお茶も固まらせる作用があります


〈ワンポイントアーユルヴェーダ8〉
今日は新月。新月や満月に生理がくるのは体の生理機能が順調に働いてる証拠。ayvでは月の満ち欠けで治療の日程を決めたり薬草を作ります。人間も植物も月も地球も全て同じ元素でできているからですね。


〈ワンポイントアーユルヴェーダ9〉
白湯をのむこと以前より浸透してますね。白湯の温度を体質や体調、お天気や気温によって変えてみてもいいですね。これから夏にかけてやなんだかイライラしてる時、高温期などは50℃ぐらい、いつもよりぬるめの白湯を。


<ワンポイントアーユルヴェーダ10>
のどと口腔内のケア。キュアリングした太白ゴマ油大さじ2杯ぐらいを口に含みゆっくりぶくぶくうがい。だんだんゴマ油が口の中でさらっとしてきます。そしたらティッシュなどに出します。歯と歯茎を丈夫にし歯肉炎の予防にもなります。お試し下さい。



lei for the people, nature & the earth!!


malika project


2010年04月02日 (17:26)

シロダーラ

シロダーラって知ってますか?
アーユルヴェーダと言うと、ここにオイル垂らすやつでしょ!とよく言われますが、あれのことです。

先日あまりにも頭が落ち着かず、ふとシロダーラをやってもらおうと思いつき、友人のサロンがたまたまあいていて(ラッキー)行ってきました。
ゆみちゃん、ありがとう♪

今までも、インドやシロダーラの講習会やサロンで何度かシロダーラをして頂いたことがありますが、今回このシロダーラの効能を身体と心全体で感じることが出来ました。

シロダーラって、頭をニュートラルにするんです。
外へ外へと向かってしまっている意識を内側へと戻してくれるんです。


一般的に言われている効能には、自律神経の不調を整え、精神の安定が得られる。質のよい眠りが得られる。白髪を予防する。消耗や頭痛を減少させる。目、耳の病気のケアを助ける。記憶力、集中力の増加。があります。

日々、特に視覚文化が発達している現代社会の環境では必要以上に人間の脳は動いています。そして休まることがありません。
より便利になった伝達手段。便利になってほんとうにありがたいのですが、その裏でいつでもどこでもなにかが関与している状況になり、意識して時間をもたない限り、自分にかえる時間が皆無となっています。
だから、精神を患う方が増えているのでしょうね。

シロダーラは精神を安定します。
ハタイクリニック(アーユルヴェーダを行っている病院)では、シロダーラで何人もの鬱病患者さんへの効果が出ています。


最近では、瞑想をする方が以前より増えています。
皆さん、自分にかえる必要性を無意識に感じていらっしゃるのだと思います。

私も瞑想していますが、どうにもそれだけでは身体と心がおいつかなくなった先日、シロダーラをやったんです。

癒し(本来自分に備わっている心と身体の管理能力に気づくこと)の手助けが必要になったんですね。
それでシロダーラをやってもらったら、ほんとにほんとに頭の回路がリセットされて落ち着きました。
本来の自分に戻る。ありのままの自分に気づく。


時間もお金もかかりますのでね、忙しく働いている自分へのご褒美として、お誕生日のプレゼントとして、などたまにね、使わせてもらっている身体とこころを癒してあげるのもいいのではないでしょうか?

それ以外のときは、日々のセルフオイルマッサージやヨガや呼吸法そして瞑想などして、ご自分の身体と心をメンテナンスしてあげてください。
自分で自分の心と身体を愛してあげてください


lei for the people, nature & the earth!!




↓ 今回私が行ったサロン。とてもすばらしいです。本場インドさながら、それ以上の技術とホスピタリティと環境が揃っていると思います。ぜひお試しください。ここは男性もやって頂けるのかな?私が行ったとき男性のお客様がいらっしゃったの。男性の方お問い合わせしてみてください。


新横浜アーユルヴェーダサロンJAGAT
住所神奈川県横浜市港北区新横浜2-15-4
新横浜ラントラクト3F
TEL045-474-3826【要予約】
営業時間 
平日 10:00~21:00(最終受付20:00)
土日祝 10:00~18:00(最終受付17:00)
定休日 年末年始
URLhttp://www.lentracte.jp/shop/ayurveda/
アクセスJR横浜線 新横浜駅より徒歩5分

横浜市営地下鉄 新横浜駅8番出口より徒歩1分



2010年03月15日 (16:38)

ワンポイントアーユルヴェーダ vol.13


春先からカパの季節になります。カパは水と土のエネルギーで成り立っています。
この時期、ぼーっとしたり鼻水がでたり動くのが億劫になったりしていませんか?

人間も自然の一部なので、冬眠から目覚める動物たちのように、木々が芽吹き花々が咲きほこるように、
人間も目覚め動き始める時となります。
寒い冬の間に縮こまった身体が春の訪れとともに少しずつ開いていきます。
なのでこの時期は絶好のデトックスシーズンなんです。

では、この時期どのように過ごしたら身体と心を快適に過ごせるでしょうか?
カパの季節の過ごし方をお伝えしますね。


ワンポイントアーユルヴェーダ vol.13
カパの季節の過ごし方

・消化力が弱くなっているので、消化しやすい食事を心がける。
  お肉や揚げ物などは控えめに、温かいスープなどを積極的に摂りましょう。
・苦味のある野菜、春野菜を多めに摂る。
・からだを冷やす食べ物飲み物を普段より控える。
  甘いお菓子やヨーグルト、アイスクリームなど。食べたいけどね、ちょっと控えましょう。

・体力の半分程度の運動を積極的に行う。
・湯船にゆっくりつかって発汗する。
・適度な刺激はとても良いので、たまにアカスリするのもおすすめです。(やり過ぎないでね)



どうしても甘いお菓子が食べたくなる時はね、渋味のあるお茶と一緒に頂くといいですよ。
私もまだちょっと花粉症があるのですが、甘いものを食べて目がかゆくなる(これてきめんにでます)時は、濃いめの緑茶を飲みます。
そうすると、不思議とかゆみが和らぎます。
お試し下さい。

いつも思うのですが、その季節の食物はその季節の身体にとって最適な食べ物です。
なので、季節のお野菜を中心にありがたくおいしく頂くのがいいんですね。

デトックスの季節、苦味や渋味はほんとに最適なんです。
私たちは苦味を感知すると、身体から毒素を出そうとするんですよ。
春野菜が苦いのもそんなわけなんですね。

自然と私たちのつながりに気づくのってたのし~い

あたたかさはしあわせな気持ちになります。
新たな時の始まりを感じます。
一瞬一瞬を感じて、身体と心の変化を感じて、自分たちがこの自然の中で生きていることを感じてみてください。
春はそれを感じる最適な時期だと思います。

楽しい春をお過ごし下さい


lei for the people, nature & the earth!!

2010年02月20日 (20:40)

ワンポイントアーユルヴェーダ vol.12

今日は表参道のpondでアーユルヴェーダのワークショップを開催させていただきました。
皆さん、アーユルヴェーダにとても関心をもっていらして、とても楽しくアーユルヴェーダのお話をさせて頂きました。

ワークショップ中にご質問が出ましたので、アーユルヴェーダのものが買えるお店を3つほどリストアップします。
上の二つはインドからの個人輸入になります。



ワンポイントアーユルヴェーダvol.12
アーユルヴェーダ関係のハーブやグッズが購入できるサイト

マハラジャロード http://maharajaroad.com/
サフランロード  http://saffronroad.net/index.shtml
アムリット    http://www.amrit.jp/index.html


ワークショップ中にお話が出た「トリファラー」も購入できます。


私もアーユルヴェーダを学び始めたころは、???でしたが、日々アーユルヴェーダの話を聞いて行くうちに知らず知らずに身体も心も健康になりはじめ、そして知らず知らずに知識が身について行きました。

ゆっくり楽しく自分の身体や季節や時空とリンクさせて少しずつ学ばれると、きっと気づいたら健康に、そしてアーユルヴェーダがとても身近になっていくと思います。
楽しいアーユルヴェーダライフがおくれますように、私も楽しく身になるワークショップを開催して行きたいと思っています。

参加してくださった皆さん どうもありがとうございます
ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

来月のテーマは「デトックス」です。
あらためてお知らせしますね♪



lei for the people, nature & the earth!!








2010年01月13日 (16:19)

ワンポイントアーユルヴェーダ vol.11


水筒の中身 冬バージョン

白湯 with シナモン&ショウガパウダー



ここ最近は、水筒を持ち歩く人が増えてきましたよね。
皆さんの水筒の中身は何ですか?
小さい頃遠足の定番と言えば「麦茶」。麦茶入れてる人っているかな?
考えてみると、みんなの水筒の中身なにか知らないわ。今度から水筒持ってる友達にあったら聞いてみよ~。

さて、アーユルヴェーダでは白湯がとてもすすめられていますね。なので私も白湯を入れていますが、白湯だけだとね、飽きてしまうことをありますし、キッチンファーマシー的に何か身体に良さそうなハーブやスパイス入れたいですよね。
そこで、水筒の中身冬バージョンです。
冬はヴァータ(空+風)が上がります。身体が冷えていきますね。そこで身体をあたためるスパイスを。
あたためると言えば、最近とってもなじみ深くなった「しょうが」。しょうがの粉もよくみかけるようになりましたものね。それだけだと辛かったり、しょうがが苦手だったりする方には「シナモン」をお進めしたいと思います。
パパッとひとつまみふたつまみシナモンを入れるだけで、白湯がハーブティーに早変わりです。
風味もましてね、とってもおいしいです。
身体をあたため、消化力もあげます。
ぜひぜひ試してみて下さい。


lei for the people, nature & the earth!!



2010年01月10日 (13:43)

ワンポイントアーユルヴェーダ vol.10

ハチミツについて


前回のワンポイントアーユルヴェーダでハチミツがダイエットに良いと書いたのですが、その後ハチミツの質問を何人かの方から頂いたので、ハチミツについて今日は書きたいと思います。

アーユルヴェーダですすめられているハチミツは、自然のなかで作られたハチミツです。日本では多くのハチミツが加熱処理されていますが、アーユルヴェーダで用いられるハチミツは非加熱のハチミツです。
ハチミツは加熱(体温以上)するとアーマ(未消化物)を発生します。アーマが溜まると身体につまりがでてきて病気の原因になると言われているので、アーマを発生しない非加熱のものを用います。
また、生のハチミツにはたくさんの酵素が入っていてそれが身体に良い働きをもたらすと言われています。加熱するとその酵素が失われてしまうので、非加熱ハチミツを用います。

生のハチミツの効果
・体内に熱を作り脂肪を減らす。
・薬草の効果を身体にいきわたらせる。
・血液浄化剤で目や歯によい。
・傷口を治療する。

以上のように、素晴らしい効果があるので、アーユルヴェーダでは赤ちゃんからお年寄りまで摂ることをすすめています。特に健康人は毎日少量の摂取がすすめられています。
ですが、身体に良いからといって毎日大量に摂ることはやめてくださいね。
すべての食材がそうです。偏りなく摂ります。

以前より生のハチミツが手に入るようになってきています。
ネットで検索してみてください。


***

自然のものを自然のまま摂ることがいかに私たちに大切なことか。ハチミツの説明を書きながら改めて感じました。
私たちも自然の一部です。ありのままのものを頂くことが、私たちの身体をそしてつながっている心を自然のエネルギーで満たし、この地球と共存しあるがまま、ありのまま生きていけるようになるのでしょうね。
自然につくられたものに感謝をし頂きましょう。



lei for the people, nature & the earth!!







2010年01月07日 (15:28)

ワンポイントアーユルヴェーダ vol.9

アーユルヴェーダ的プチダイエット法

1:白湯を飲む
2:苦味、渋味、辛味のものを摂る
3:はちみつ(加熱しない)を摂る
4:甘味、酸味、塩味のものを少なくする




白湯は消化の火(代謝をアップする)と水(排泄を促す)でできています。絶好のダイエット材料になりますね。
そして苦味、渋味、辛味。葉ものの野菜。アーユルヴェーダ的辛味の代表、ショウガ。
ハチミツは甘いのですがカパ(水・土エネルギー)を増やさず逆に減らす働きがあるので、意外なのですが肥満にいいと言われています。
そして、現代栄養学で言われている三大栄養素、炭水化物・タンパク質・脂肪は、アーユルヴェーダではすべて甘味と考えられます。想像してみるとお分かりになると思いますが、ごはんやパンもよく噛んでみると甘味でてきますね。お肉や魚もそうです。脂肪も豚肉の油など食べると甘いですよね。この甘味というのが身体の肉や筋肉などをつくっていく土台となっていきます。食べ過ぎると肥ることがわかりますね。なので食べ過ぎには注意が必要です。


これら、アーユルヴェーダの叡智を活用してお正月で重くなったからだをリセットしましょう♪


ひとつ気をつけて頂きたいことがあります。ダイエットにいいからといって、お粥やショウガ、ハチミツばかり摂るのはやめましょう。特に今はヴァータ(空+風)の季節です。摂り過ぎると肌が乾燥したり老けちゃいます。ほどほどに。たまに食べ過ぎたなと思ったらにしましょうね。
あとは代謝を高めるために、運動やお風呂にゆっくり入ったり、普段の食事を控えめにしましょう。





2009年12月26日 (11:55)

ワンポイントアーユルヴェーダ vol.8

サットブリッタ

病気の治療と共に健康の維持増進を目的としたアーユルヴェーダでは、日常の過ごし方や食事の仕方、起床から睡眠に至るまで個々人に合わせた思いやりのある細やかなアドバイスが出来ます。
日常のアドバイスには、起床時間や何を食べたらいいかという肉体からのアプローチと共に、マインドからのアプローチがあります。
それがサットブリッタです。

今年はアーユルヴェーダを伝え始めた年でした。理論を伝えながら常々、身体からのアプローチと共にこころからのアプローチをもっとしていきたいなと思っていました。
ヨガを伝え始めて1年が経ち、こころと身体が密接に関係していることを日々の生活の中で再度実感した1年でした。
アーユルヴェーダで言われている こころに良い日々の行い(サットブリッタ)について、ブログを通して皆さんにお伝えしていこうと思います。


恩師の言葉をここに載せさせて頂きます。

「アーユルヴェーダでは前向きに生きること、つまり心の持ち方を非常に大切にしています。すべての行いをしているときに、精神の状態がどうあるかということがとても重要だとアーユルヴェーダでは説いています。「清らかな精神」こそが真の健康確立に必要な要素だと。アーユルヴェーダの願いは、生命の幸せです。アーユルヴェーダに触れることで幸福な寿命を手に入れて頂きたいと思います。」
(『インドの生命科学 アーユルヴェーダに学ぶ、真の沖縄の健康づくり』クリシュナ・ウパディヤヤ・カリンジェ)

この清らかな精神を育んでいくアドバイスができたらと思います。
そして生命の幸せをこころからみなさんに感じて頂けたらと思います。

もうすぐ新年を迎えますね。
新年って、気持ちも新たにすがすがしい清らかなこころになりますよね。
楽しみですね。
来年は安定を求める年になるそうです。
地に足をつけ、安定した落ち着いたおだやかなこころでいられますように。。

なので私も来年は落ち着きます
根拠もないけどなんとなくそんな気がしてます 年女だし。
どこに落ち着くんだろう。楽しみだな。
見守っててね。



みなさま 良いお年をお迎え下さい♪


lei for the people, nature & the earth!!







2009年12月15日 (12:37)

アーユルヴェーダとストレスケア

今度の日曜日 
横浜のヨガスタジオでストレスケアをアーユルヴェーダの観点からお話します。
いま、どんな風に話そうかあれこれ考えています。
体質や季節に合わせてのケア。
生活の仕方だけではなく心の持ち方まで掘り下げてお話をしていきたいと思いながら考えていると
とっても大きなトッピックだということに気がつき、奥がふか~い!

みなさんがセミナーの後こころがすっきり晴れ渡ったらいいな~と思いながら、いろんな本を開いてお勉強しています。
このような機会を与えて下さりありがとうございます。
セミナー修了後、まとまったらブログにもアップしますね。

詳細はこちら↓です。

http://www.ib-studio.net/cgi-bin/news/SkinView.cgi?mode=1&cid=3&id=83&html=./detail03.html&link=1



lei for the people, nature and the earth!! --malika project--



2009年11月26日 (11:18)

ワンポイント アーユルヴェーダ vol.7

冬の過ごし方

風と空の元素の季節 身体をあたため他の季節以上に規則正しい生活をこころがけましょう♪



ヴァータというドーシャ(生命エネルギー)が増大する季節です。
それは5大元素でいうと風と空の元素の集まりです。英語の方がわかりやすいかな?
air と space

「風があり空間が生まれる」を自分の身体で想像してみてください。
風と空によって どんな変化が起きるか?
空気が冷たく乾燥していく季節

皮膚の乾燥や手足の冷え、腰痛や関節痛 血の巡りが悪くなり 心疾患などの循環障害

これらを予防するためには、風や空と反対の要素を取り入れる事がのぞましいです。
皮膚の保湿や身体をあたためること 循環をよくするために 適度な運動。

オイルマッサージ
ゆっくり入浴
適度な運動 (夏よりも冬はより意識して身体を動かすこと、けして無理せず自分の体力の半分程度の運動)
規則正しい生活

冬になるとかかとがかさかさしてひびわれてしまうことありますね。
寒冷蕁麻疹など、皮膚が乾燥してかゆくなったりしますね。

私は数年前からオイルマッサージをしています。オイルマッサージを始めてからはかかとのひびわれがなくなりました。皮膚のかさかさも。クリームをつける事も。クリームってぬってもぬっても乾燥はおさまらなかったりしませんか?
オイルマッサージいいですよ!
ポイントは太白胡麻油(110度でキュアリング済みのもの)でマッサージした後、入浴してあたためること。
お試し下さい♪

今かかとみたらかさかさしてました。最近ゆっくりオイルマッサージ出来てなかったわ。
今日からやります。

これからますます乾燥してきますものね。
加湿器もつけて、お部屋の湿度も身体の湿度も快適に保ちましょ~。



lei for the earth!!



プロフィール

momoyo

Author:momoyo
malikaとは
サンスクリット語で花輪
ハワイの言葉で言うleiのこと
衣食住のあらゆる角度から 
地球や太陽 大地や海 木々や草花
そして人々の心にleiをかけていきたい
このようなコンセプトで立ち上がりました
身体にやさしいオーガニックコットンのヨガウエアを始め ヨガやアーユルヴェーダのレッスンを通じて温かなつながりを作っていけたらと思っています
lei for the people, nature and the earth!!

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップのご依頼や、その他ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
mimmo00mimmo☆yahoo.co.jp(☆を@にして下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

Appendix


下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。